3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

日本人好みの味 

TLV カローラ1100
トミカリミテッドヴィンテージ カローラ1100 2ドアセダン 1/64


カローラ好きなのに、未だに取り上げていなかったのがTLVの初代カローラ。
まったくもって、カローラ好きにあるまじき鬼畜の所業ぶりだわさ!
と言っても、3吋ブログには以前にも登場していたりはする。

初代カローラも前々回のファミリアバン同様、TLVのコンセプトにピッタリの車種選択。
もしトミカの発売があと1年早かったら、確実にラインナップされたに違いない。
また、個人的にはスタイルがカローラ30にちょっと似ているので、心惹かれるものがある。
もっとも、この初代カローラも子供の頃にはほとんど見かけなかったが…

TLVの初代カローラは2008年2月リリースと、TLVが安定してきた時期の製品。
そのわりに、なんとなく気になる部分もチラホラと…


TLV カローラ1100
なにが気になるって、このフロントマスクの違和感が気になってしかたない。
光モノが多いグリルは悪くないが、ライトが少々大きすぎて、微妙なバランスが崩れ気味。
また、車幅灯はクリアーのはずなのに、何故かオレンジに塗装されている。
TLV カローラ1100
一方、柔らかなラインで構成されたシンプルなリアは違和感もなく、再現度は高め。
こんなに小さなテールランプも別パーツで、モールドもしっかりしている。
TLV カローラ1100
セミファストバックスタイルはしっかり再現されているが、リアはあと少し長くても良かったと思う。
タイヤももっと小径で細身の方が華奢な雰囲気が出るはず。
スポンサーサイト
こんにちは!
ドラゴンさんと同じくらいの「カローラ者」です。(笑)
このカローラとサニーの熾烈な競争が、日本のモータリゼーションを一気に進めたと言っても過言ではないと思います。

で、TLV、
確かにヘッドライトが少々大きめですね。
インテンショナルなデフォルメでしょうか?
車幅灯兼ウィンカーは、初代の後期型ではオレンジに変更されたのかもしれません。
すいません、確実な資料もないまま書いていますが。
ただ、ウィキには後期型のバンの写真が載っていて、オレンジになっています。
あと、タイヤは、仰るようにもう少し小径のほうが、実車感が出たように思います。
タイヤ幅を細くすると、重量に耐え切れなかったでしょうが・・。
[ 2014/03/14 10:25 ] celica197012 [ 編集 ]
こんばんは、celica197012さん

celica197012さんもカローラ30に乗っておられたんでしたね~
ここにカローラ者同盟結成なるか?(笑)

初代の頃はさすがに生まれていませんが、やはり日本の大衆車=カローラorサニーですね。
ところが、今はカローラも販売トップから落ち、サニーは消えてしまい、時代を感じてしまいます。
既に大衆車という言葉も死語ですし、ファミリーカーもミニバンに取って代わられちゃって。

TLVのカローラですが、コンパクトさを強調するためにライトを大きくしたのではないかと。
あるいは他車とのパーツの共用化も考えられますね。
車幅灯の色はおっしゃる通り、後期型からアンバーに変更されたようです。
TLVのカローラ後期型も持ってるんですが、こちらは箱絵もアンバーになっています。

タイヤの径は本家のTLもTLVも弱点のようですねえ。
頼りない感じの細くて小径のタイヤだと、昔のファミリーカーらしい雰囲気が出るんですが。
もっとも、おっしゃる通りに幅はこれで限界かなと思います。
[ 2014/03/15 00:26 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する