3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

15年の進化 

トミカ レクサスIS350 京商 アルテッツァ
トミカ レクサスIS350 京商 アルテッツァ


いつだってネタ切れに喘ぐ3吋ブログ。だから今回もトミカのレクサスIS350を使うことに。

レクサスISといえば、初代は懐かしのアルテッツァ。
トミカにもアルテッツァは存在したが、なぜかモータートミカのみで、レギュラー化されなかった。
もちろん、他のメーカーにも3吋のアルテッツァはあり、その中で一番出来がイイのが京商1/64。

ということで、京商のアルテッツァと並べて、レクサスISの進化を確かめてみましょう。
京商 アルテッツァ
京商 アルテッツァ 1/64


京商 アルテッツァ
トミカ レクサス IS350
京商 アルテッツァ
トミカ レクサス IS350
独特のスピンドルグリルになったとはいえ、フロントマスクそのものは初代からの正常進化。
もしトミカのIS350がリミテッド化されたら、京商のアルテッツァに敵うだろうか?

京商 アルテッツァ
トミカ レクサス IS350
リアはどちらも絞り込まれているが、ISはテールランプやRフェンダーの形状で安定感がある。
といっても、ISのテールランプは実車とはかけ離れた大味な色と形になっているが…

京商 アルテッツァ
トミカ レクサス IS350
FRのスポーツセダンということで、コンパクト感を強調したアルテッツァ
シャープで存在感のあるスタイルに先鋭的なディティールを持つIS350。
キャビンの形はかなり違うが、基本フォルムやリアドア後端の処理に共通性が感じられる。
スポンサーサイト
[ 2014/03/16 01:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
こんばんは。

旧アルテッツァと新アルテッツァ?ですね。
どうやらこのクラスが、1/65サイズなんですね〜。
出来は、ピンクラと同等のようで….。このISのスピンドルグリルは
さしずめ、口ひげのおじさんがへの字口をしている、そんな感じで。
リアランプは、マッキー太字の赤ペンでなぞったよう….。
まあ実車通りなんでしょうけど、もうちょっと工夫が欲しいですよね。
ワイドホイールはなかなか合っている気がしますよお。ですが...
実車画像も確認しましたが、アクが強すぎてこのデザインはイマイチ好きにはなれません…。

そうそう、先日ヤトミンのIS250(先代ですね)をヤフオクったのですが、
ピンクラに近い仕上がりで、昔のトミカをコピーをしていた頃のようで
面白しく感じてしまいます(笑)。
といっても、さすが今の香港製。リア窓の小窓も抜けているし、ハンドルもちゃんと
再現しています。エンブレム類のタンポ印刷も抜かり無く再現されていて驚きましたよ。
ちなみにサイズは、1/66〜67でピンクラと並べるとちょうど良いですね〜。
[ 2014/03/19 00:10 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

もしもまだアルテッツァがあればなあ…ということで、アルテッツァとISを並べてみました。
3か月続けて1/65~1/67ということは、今後はこのスケールがデフォになるんでしょうかね?
おっしゃる通り、出来はピンクラ同様、450円にはちょっと見合わないんじゃないの~というところで。
値上げしたのにスケールは微妙だし、ギミックはないしで、魅力を捨てる方向に邁進してるようです。
まあ、小さくても旧シュコーみたいな繊細さがあれば、また反応も違うとは思うんですが…

レクサスのデザインアイコンのスピンドルグリルには賛否があるみたいですね。
トヨタ党のLUXEさんでも、ISのデザインはお口に合いませんでしたか~
最近のレクサスは脱トヨタを狙ってか、敢えてアクの強さを押しだしてるようですし。

口ひげのおじさんが…という例え、あまりに当てはまり過ぎです(笑)
テールランプは実車だともうちょっと独特の形状なのに、これまた例え通りの適当な仕上げで…
F SPORTだからワイドホイールなのに、フロントの車高が微妙に高いのが惜しいんですよねえ。

ヤトミンのISを入手されましたか~!
トミカはCCS-Rだし、マイストもフルノーマルじゃないので、唯一のノーマル3吋なんですよね。
画像検索だとチープな感じですが、造形だけじゃなく、ディテールもしっかりしてるとは驚きです。
ピンクラに近い仕上がりということは、トミカとの仕上げの差も縮まってるんですねえ。
スケールも1/67くらいだし、これからのトミカと並べても違和感がないかもしれませんねえ。
[ 2014/03/19 02:37 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する