3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

大衆のシアワセ 

トヨタカローラ
アムラックス東京(2006年8月25日撮影)


トミカのレクサスを紹介するため、先送りにしていたTLVの初代カローラ後期型をご紹介。

人によっては色々な意見があるだろうが、個人的にはカローラ=4ドアセダンが一番しっくり来る。
しかも、初代カローラのミニカーは色々あれど、4ドアセダンのミニカーはTLVだけ(のはず)
とくれば、これを逃す手はない!と言いながら、入手したのは数年前にヤフオクでなんだけど…
モデルがモデルだけに地味過ぎるのか、ヤフオクや中古店でも割と安価なんだよねえ。

さて、前期型2ドアから後期型4ドアセダンになったカローラだが、その再現度や、いかに?
TLV カローラ1200
トミカリミテッドヴィンテージ カローラ1200 4ドアセダン 1/64


TLV カローラ1200
ボディの基本形状は前期型と同じなので、大きすぎるライトもそのまま。
立体的な後期型グリルは一体パーツをシルバーで塗装しているので、実車より高級に見える。
TLV カローラ1200
トランクリッドに追加されたエンブレムや、意匠が変わったテールランプ以外は同じまま。
TLV カローラ1200
サイドは違和感なく、2ドア→4ドアセダンになっている。そのためか、テールがより短く感じる。
また、ホイールの意匠も変更されているが、タイヤ&ホイールが大径過ぎるのも変わらない。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する