3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

エクセレント感覚を知る 

210サニーエクセレント


このところ、TLVの初代カローラが続いたので、今回はライバルのサニーを取り上げてみる。
と言っても、トミカのサニーは2代目3代目も紹介済みだし、TLVのトラッドサニーも同様。
でもって、TLVの初代サニーは未だに入手していないし、3吋のサニーはもう他にない。

じゃあ、何かと問われたならば、プラモデルですよ!しかも、上と下の画像がヒント!
な~んだ、あれかと思った貴方、答えは簡単でしょ?
3代目サニークーペのプラモデルといえばやっぱり…

210サニーエクセレント


オオタキ サニー 箱
オオタキ サニークーペ1400GX 1/28

そう、管理人がこよなく愛する、今はなきオオタキのサニークーペに決まりでしょ!
なぬ?童友社かヤマダのサニークーペじゃないの?ですと?
いや~、あれは難物そうだし、管理人の性格からすると、一生完成しない可能性も…
というわけで、未だに未入手だったり。

なんといっても、このキットは1/28という中途半端スケールがチャームポイントですねえ。
このシリーズはカリーナやギャランGTO、フェアレディZにセリカにランサーというラインナップ。
どこかの某1/64もこの魅惑ぶりをぜひ見習ってほしいなあと思わずにはいられない(私感)

さっそく箱を開けてみましょう
オオタキ サニー パーツ
ジャンクで買ったので、組立説明書は最初からなし。なんともシンプルなパーツ群。

そしてボディはどうかしら?
オオタキ サニー フロント
オオタキ サニー リア
オオタキ サニー サイド
オオタキらしい硬質さを感じさせる造形で、とても(・∀・)イイ!

3代目サニークーペ(エクセレント)は個性的だったためか、各スケールでモデル化された。
プラモデルではヤマダの1/22、エーダイの1/24、クラウンからは1/28&1/40etc.がある。
さらにミニカーはトミカの1/59にダイヤペット1/40、最近はハイストーリーから1/43も登場。
ダイヤペットのセダンにトミカのレビン、トミテクのバンしかないカローラ30とは大違いだわさ。

今月は多忙&金欠のため、たぶん次の更新は月末前後の予定。
スポンサーサイト
[ 2014/03/23 06:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する