3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

絶滅危惧種 

トミカ ローレル2000GX
トミカ ローレル2000GX 1/62


前から欲しいなあと思いつつ、なかなか縁がなかったトミカの初代ローレルをようやく入手。
ご覧の通り、誕生記念コレクション'98のバラシ品だが、車軸がちょい曲がりのジャンク。
もっとも、そのおかげで格安の即決落札だったので、カスタムベースにうってつけかな?

初代ローレルHTは1970年6月の登場で、トミカでは翌71年6月に№14として登場。
素朴な雰囲気の最初期モデルに比べ、ディティールなどのクオリティアップが感じられる。
今のトミカ担当者は当時の金型職人さんのツメの垢でも煎じて飲んだほうがいいはず。



トミカ ローレル2000GX
丁寧な造形とシャープさが不足したグリル、少々下すぎるバンパーなど、発展途上な雰囲気。
グリルの形だけ見ると、ハコスカにも見える気も。
トミカ ローレル2000GX
造形もよく、シーケンシャルフラッシャーの横長テールランプなどのディテールも見事なリア。
ナンバープレートのGXの文字が妙に大きい点に試行錯誤な感も。金型はお疲れ気味?
トミカ ローレル2000GX
ファストバック的スタイルで独特の硬質さを持つ2ドアHTだが、再現度は高め。
彫刻で再現されたエンブレムなど、トミカの担当者は本当に見習った方がイイよ。
スポンサーサイト
[ 2014/04/15 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する