3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ジャンクヤード2014 初夏 その4 

トミカ EXA


前回まで1年以上にわたったEXAのリペイント作業の工程を書いてきた。
しか~し、前にもちょこっと触れたように、この他にも作業中のジャンクトミカが数台ある。
とはいえ、ほとんどが剥離したところで作業が止まってたりするんだけど…

ところがところが、先週~今週の管理人は妙にハイテンションだった。
なぜなら、脳内麻薬 アンナカが大量に分泌されまくっていたからさ!
もちろん、某A〇SKAみたいに本物のおク〇スリには手を出してませんよ!
よい子のみんなも本物の覚せ〇い剤はダメ!ゼッタイ!
あくまでも自分の脳内で作り出しましょうね!作り方は知らないけど。

その脳内アンナカのおかげで、同時にリペ作業できたトミカがもう1台。それがこれ


トミカ セドリック
トミカ セドリック
トミカ セドリック

先述の通り、数台のジャンクを剥離したんだけど、どれも修正したり、手を入れたいものばかり。
そんな時、修正が皆無なものを先にリペした方が早くね?とノーベル賞クラスの閃きが。
これもきっと脳内アンナカのおかげかしら?

そこで白羽の矢が立ったのがこのセドリック。
閃いたのが3月上旬、そして中旬には剥離~サフがけまで終了していた。
そして、EXAより先に完成させる予定だったが、4月が多忙だったので作業が延び延びに。
結果、EXAと同時作業&完成となった次第。

え~?リペって書いてるけど、ただディテールに色差しだけでしょ?
と思ったチミチミぃ~! バケツを持って廊下に立ってなさい!
ということで、リペ前はこんな感じ
トミカ セドリック
トミカ セドリック
たしか、2~3年前の千店フリマで0.1Kで入手したジャンク4台セットの中の1台だったはず
ボディはチップだらけ、メッキも剥がれ、車軸は曲がっているという典型的なジャンク。


※ボディカラーのシルバー&スーパークリアー以外は水性アクリル塗料を筆塗り。
ただし、Mr.メタルカラーのクロームシルバーのみラッカー塗料。
トミカ セドリック
トミカ セドリック
フロントは

・ライト→シルバー(クレオス)+ホワイト(タミヤ)。ライトの質感表現は難題だなあ。
・グリルメッキ→Mr.メタルカラーのクロームシルバーを筆塗りし、乾燥後に軽く磨きだし。
・グリル→クロームシルバーを磨いた後、溶剤で薄めたフラットブラック(タミヤ)を少量×数回。
・フォグランプ→ホワイト(タミヤ)

トミカ セドリック
トミカ セドリック
リアは

・テールランプ→クリアーレッド(タミヤ)、バックランプはシルバー(クレオス)。
・メッキモール→見えにくいが、Mr.メタルカラーのクロームシルバー&磨きだし。

トミカ セドリック
トミカ セドリック
トミカ セドリック
トミカ セドリック

・ボディ→黒かパールホワイトにするつもりだったが、EXAと同時作業なのでシルバーに。
塗料や塗装~コンパウンドまではEXAと全く同じ。アンダー部は全てタミヤのフラットブラック。
・ウインドーモール→Mr.メタルのクロームシルバー&タミヤのフラットブラック
クロームシルバーの塗装にはかなり気を使ったが、ボディ色とあまり差がなく、がっかり。

ボディカラーがシルバーの場合、内装色はウォームグレーになる。
ところがウォームグレーの調色は難しそうなので、シートは成型色そのままにしてある。
また、ドアや天井などの内張りはタミヤのフラットアース+クレオスのつや消し白を混ぜた色。
タミヤとクレオスの塗料は混ぜない方がイイんだけど、手軽というか、手抜きで混色。
トミカ セドリック
トミカ セドリック

う~ん、管理人の今の腕前ではやっぱりこれくらいが限界かしらん。
だからといって、今後もっと仕上がりが綺麗になるの?と聞かれても困るんだけど…
トミカ EXA セドリック
トミカ EXA セドリック
スポンサーサイト
[ 2014/05/31 00:00 ] レストア | TB(0) | CM(2)
再生工場の2台目ですか!。
これは、元に戻す+ちょっとお化粧パターンですね。
工法は分かりませんが、車軸が綺麗に元通りになってるのが不思議です。
綺麗になったのはよく分かるんですが、なんと言いましょうか銀→銀なんで
おっ!!感は、ちょっと少なかったり...。
元のセドリック自体の色彩(陰影?)があまり無いのが、そうさせている感じもあるような?。
ボディ一とバンパーが同色だったり、グリルやリア周りもあっさりしていて
彩色しても、大きな違いが出ないんでしょうか。
アクセントにナンバープレートを付けると更にリアル感が出そうです。

塗装でメッキの表現って本当に難しいですよねえ...。クレオスのメッキシルバーNEXTというのが
かなり良いらしいようですが、いかんせんお高いんですよねえ....。
以前どうしてもこの手のメッキ塗料を使ってみたくなり、スパッツスティックスの
ミラークロームという塗料を使ってみたら、ニヤついてしまうくらいメッキぽくて驚きました。
いや、これもかなり高いんです。半年くらい大事にちょっとずつ使っていたら中身が分離して
マトモに使えなくなっていたりして、悔しい思いをしました。

ライトは銀+白だそうですが、これも迷いますね。TLなんかは完全な白でしたが違和感がありました。
かといって、銀だとグリルと同じ感じに見えるし....。難しいです。

ニッサンが2台続いたので、次回は....期待しますよっ!
[ 2014/06/01 23:33 ] luxe37 [ 編集 ]
勢いがある時は何でもできるような気になりますね~
そんなハイテンションな状態で作り上げた2台目がセドリックです。
もちろんクス〇リは一切使ってませんよ(笑)

記事では車軸の修正に触れませんでしたが、EXAと同じく、ペンチで徐々に…という方法です。
子供の頃はカシメの削り方も知りませんでしたし、車軸が曲がると直せずに悔しかったですねえ…
そんな昔の悔しさを晴らすべく、車軸の曲がったトミカをニヤニヤと修正してます(笑)

ボディカラーのチョイスは迷ったんですが、パールホワイトだと大変かなと思いまして。
1/24でも白系は隠蔽力の関係で厚塗りしちゃいますし、クリアーでさらに厚みが増しそうですし。
また、黒は同じトミカのグロリアが採用してたので、敢えて外しました。
とはいえ、シルバー→シルバーだと、新鮮味や驚きは自分でも感じられません(笑)

LUXEさんもおっしゃる通り、Y34はフロントもリアものっぺりしてるんですよね。
ボディ全体もシンプルでフラット気味の面構成ですし、メリハリを出しづらいなあと。
クロームメッキも多いし、ライトもシルバーっぽいですし、ダークカラーの方が良かったかも。

1/24だとメッキのキラキラ感はメタルックが使えるんですが、3吋はキツいかなと。
そこでタミヤマーカーのシルバーか、ガンダムマーカーのメッキシルバーを使おうと思いまして。
それか、Mr.メタルカラーの新品を買おうと某量販店に行ったんですが、いずれも見当たらず。
で、塗料コーナーをあれこれ見ていると、メッキシルバーNEXTがありました。
おっ、良さそうじゃん!と思ったんですが、たしかにお高いんですよねえ。
当工場はいかに予算をかけずに再生させるかが信条なので、見送っちゃいました(笑)

そこで、以前買っておいたMr.メタルカラーのクロームシルバーを使ってみました。
メッキシルバーNEXT登場以前、“キラキラ感がすごい!”って扱いだったような記憶があります
でも、ご多分にもれず、塗料が完全に固化しちゃってまして(笑)
そこでうすめ液で溶きながら使ってみたんですが、結果はイマイチでした。

メッキカラー系の比較が載ってるサイトを見つけましたが、スパッツスティックスは高評価ですね。
そして同社のHPを見ると、お値段もやはりお高いようで。
大切に使っていただけに、悔しい思いも大きくなりますよねえ…

ライトは以前に童友社のNHシリーズを作った時、銀+白を混ぜて作ったのを思い出しまして。
白だと質感がまるで違うし、シルバーだと先述のようにメリハリがなくなりますし。
そこで塗ってみたんですが、こちらもメタルカラー同様の結果で…

今取り組んでいるのはLUXEさんのご期待に添えそうな車種じゃないかと思ってます。
以前の近況報告記事にヒントというか、ズバリそのものが(笑)
[ 2014/06/02 02:33 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する