3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

境界線 

TLV 40コロナ 俯瞰
トミカリミテッドヴィンテージ トヨペットコロナ1500

1964年9月にデビューした3代目コロナ(RT40型)

打倒ダットサン、打倒ブルーバードを目指したコロナだったが、常に後塵を拝すばかり。
そこで、高速時代に対応できる性能を持った国際商品として開発されたのが3代目RT40型。
アローラインと呼ばれるスタイル、発表直後の10万キロ連続走行公開テストなど、大々的に宣伝した。
これが功を奏して65年1月に念願の国内の販売台数№1を獲得し、ブランドを確立した。

一度見たら忘れられないフロントが特徴の40型コロナ。
70年代末~80年代初頭、機会は少なかったものの、それでもたまに見かけた記憶がある。
そして、見かけるたびにフロントが強烈なものだから、古いコロナ=前が斜めで刷り込まれた。
その頃にコロナの絵を描けと言われたら、この「前が斜めコロナ」を描いていただろう。

個人的な意見だが、40型コロナのデザインレベルは高いと思うのだ。
一見、フロント以外はわりと普通のスタイルに思える。実はそこが重要。
現代の目で見ても普通に見えるということは、デザインに現代的要素があるということ。
フラットなボンネット、ワイドなグリル、面と面をつなぐ鮮明なエッジ、この3点が大きいはず。
同じ時期の国産車と比べても、コロナには違和感がない。48年も前のデザインなのに、だ。

40型セダンの小スケールはモデルペットの1/42や、三共の1/32のプラモデルくらいしかなかった。
そんな題材になりにくいコロナセダンをTLVがミニカーにしてくれた。


TLV 40コロナ フロント
1/64でこのグリルの再現度は限界レベルに到達していると思う。細かさに驚く。
TLV 40コロナ リア
リア周りも細かく再現されている。テールランプの中の〇が記憶に焼き付いている。
TLV 40コロナ サイド
似ているような、似ていないような、何か違和感を感じるサイドビュー。
実車のイメージに比べ、少し腰高で寸詰まりに見える。

もうひとつのカラバリは
TLV 40コロナ カラバリ
当時、どれだけの人が選んだのか知りたくなる赤


TLVの王道とも言える車種選択の40型コロナセダンだが、出来もTLVの王道になっている。
ある年齢以上の人にはたまらない懐かしさを感じると思うので、ノスタルジーを感じたい人におススメ。

ところで、このコロナを見て「がんばれロボコン」のOPが浮かぶのは管理人だけ?
スポンサーサイト
510ブルに、横っ腹を追突されるボンのコロナだ.....。(by太陽にほえろ!)古い1/64のトヨタなら、とりあえず買おうと思うんですが、これは持っていません。ロボコンの居候先の白色が出るまでと、勝手に決めているからです。(このコロナは白しかイメージがないんです)塗装してしまえば、簡単なのですがタンポ印刷が消えてしまうんですね...。昔のトミカの様に、エンブレムを浮き彫りにしてくれれば、なんて思うんですがね。それに、これの後期型のモックが何かの雑誌に載っていたんです。後期型が出たら買おうと、これまた勝手に決めているからです。後期型は、「男はつらいよ」の中で、寅さんが地方の町を案内されるシーン?で、タクシーとして登場し、コロナばかり気になって中身はほとんど覚えていないというお粗末ぶり(笑)。といっても、このデザインは好きで、トミカの初代マークⅡは気に入って何台かありますね。書いてる事に、昭和臭がきつく漂うのでこの辺で..。
[ 2012/04/27 22:21 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんわ、LUXEさん

> 510ブルに、横っ腹を追突されるボンのコロナだ.....。(by太陽にほえろ!)古い1/64のトヨタなら、とりあえず買おうと思うんですが、これは持っていません。ロボコンの居候先の白色が出るまでと、勝手に決めているからです。(このコロナは白しかイメージがないんです)

太陽にほえろ!のスタント用の覆面車は、あからさまにわかっちゃうんですよね(笑)
いつもは使ってない、ちょっと古めの車種がチョイスされてて。
40~100型コロナに初代カリーナ、定番の型落ちクラウンになぜかブルーバードもあったり。
やはり、このコロナはロボコンの居候先の車のイメージが強いですか!いやいや、同年代ですね(笑)
もし白がリリースされた暁には、大野しげひさ&加藤みどりフィギィアもほしいところです。

塗装してしまえば、簡単なのですがタンポ印刷が消えてしまうんですね...。昔のトミカの様に、エンブレムを浮き彫りにしてくれれば、なんて思うんですがね。

昔のトミカのエンブレムの浮き彫りには、金型職人さんの意地と技術を感じます。
古いプラモデルもエンブレムがボディにモールドされてて、筆で表面をなでるように塗ったものです。
あのヒヤヒヤしつつ、そぉっと塗った感覚をトミカのリペイントで味わうこともできますね。
トミカでエンブレムにタンポ印刷を使うなんて、昔のトミカからは信じられないリッチさですが。

それに、これの後期型のモックが何かの雑誌に載っていたんです。後期型が出たら買おうと、これまた勝手に決めているからです。後期型は、「男はつらいよ」の中で、寅さんが地方の町を案内されるシーン?で、タクシーとして登場し、コロナばかり気になって中身はほとんど覚えていないというお粗末ぶり(笑)。といっても、このデザインは好きで、トミカの初代マークⅡは気に入って何台かありますね。書いてる事に、昭和臭がきつく漂うのでこの辺で..。

後期型はフロントの段差がなくなって現代的になりますね。顔自体はこちらの方が印象深いです。
ま、出れば自分も確実に買ってしまうでしょうね(笑)
ドラマや映画を見て、登場した車だけしか覚えていないというのは実に正しい見方だと思います(笑)
子供のころに見たタイトルも何もわからないドラマで、ブルーバードUが出ていたことだけ覚えていますね。

トミカのマークⅡがお好きとのことですが、今回の記事はいかがだったでしょうか?
これからも昭和の香り漂う記事を書いていくつもりですよ(笑)

[ 2012/04/29 01:16 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/68-43544264

トミカリミテッドヴィンテージトヨペットコロナ15001964年9月にデビューした3代目コロナ(RT40型)打倒ダットサン、打倒ブルーバードを目指した初代と2代目コロナだったが、常に後塵を拝...
[2012/04/27 07:11] まとめwoネタ速suru