3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ハコの中の箱 

ハコスカHT ショート
ハコスカGT-R
ハコスカセダン


7月に入ったというのに、グズグズな天気に愚息も昇天 気分もしょんぼり気味。
そのせいか、どこかに出かけようという気持ちになっても、結局は行かないままだったり。
そんなこんなで、相変わらずネタがないんだけど、もう一度ダンボールをあさってみると…
まだあるじゃん!しかもこれまで未紹介のTLVが!

ミニカーやプラモ、ラジコンに至るまで、スカイライン人気が不動なのはご存じの通り。
中でも3代目のハコスカの人気は群を抜いている。
トミカ スカイラインHT
それはもはや神格化されつつあるGT-R(特に2ドア)に負うところが大きいと思うが
京商 スカイライン 2000GT-R
もちろんGTや4ドアだって人気は高い。
ショートはというと、ダイヤペットに1800セダンが存在するし、TLVもセダンをリリースしている。

ところが、中にはGT系でもなく、2ドア/4ドアでもないボディが好きと言う人も確実に存在する。
そんなマイノリティ向けの車種ならば、これはTLVしかないでしょ!
そう、スカイライン50周年記念でトミカが賑やかだった時にリリースされたのがハコスカバン。
TLV スカイラインバン
トミカリミテッドヴィンテージ スカイラインバン 1/64

昔持っていた図鑑に地下駐車場の説明があり、その写真にハコスカバンが写ってたのよねえ。
だからか、乗ったこともないのに、子供の頃からハコスカバンには妙な親近感があってさあ…
TLVのモデルはノーマルVer.と日産のサービスカーがあり、これはもちろん後者。
そういえば、以前紹介したアンチモニーコレクションのセドリックバンも日産サービスカーだった。


TLV スカイラインバン
GT系とも、GL系やDXなどのファミリーグレードとも違うグリルはSTD専用パターン。
TLVらしく、全体的にかなり丁寧な造形&作りこみになっており、満足度は高め。
TLV スカイラインバン
いかにも昭和の営業車然としたリアまわりだが、フロントと違い、比較的特徴は薄い。
それだけに的確な造形が必要だが、いつもながらの安定感のある仕上がりになっている。
TLV スカイラインバン
ショートなノーズに長いキャビンで、ギリギリのバランスを維持しているバン/ワゴンボディ。
ボンネットはもっと薄くてよかった気もするが、スチールホイールやカラーリングが雰囲気を出す。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する