3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

丸か四角か 

TLV ギャラン16L AⅡGS


前回、ようやくTLVのギャランLを取り上げたので、今回は先行したAⅡGSと並べてみたい。
コルトギャランの前後期の外観の大きな違いと言えば、なんといってもヘッドライトの形状。
MCでライトが丸型→角型になるのは納得だが、角→丸へのチェンジは???という印象。

ギャランAⅡカスタムL 1969年12月~
70年 ギャラン AⅡカスタムLオートマチック
ギャラン16L GS 1971年3月~
71年 ギャラン16L GS

なにもギャランだけではなく、同時期のカペラやも角→丸に変更してたり。

カペラロータリーセダン 1970年5月~
カペラロータリーセダン
カペラ1600 1971年10月~
カペラ1600
ファミリアプレストやグランドファミリアもこのパターンで、角→丸はマツダの十八番らしい。
そうそう、そろそろTLVNから初代カペラクーペ&セダンがリリースされないかなあ…

個人的にはギャランもカペラも角型の方が似合ってると思うんだけどねえ。
もっとも、目先を変えるというMCの目的は見事に達成されており、正解なのは間違いない。
では、64スケールのTLVではどうでしょ?もちろん、16Lと一緒に並べるのは
TLV ギャランAⅡGS
トミカリミテッドヴィンテージ ギャランAⅡGS 1/64


TLV ギャランAⅡGS
TLV ギャラン16L GS
TLV ギャラン16L AⅡGS
TLV ギャラン16L AⅡGS
オリジナリティを感じさせる前期型に比べ、Lはオーソドックスだが、ややデコラティブに。
その雰囲気の違いはTLVでもしっかり再現されており、決定版と言っても差し支えない。
このLのフロントマスクは2代目ギャラン(ニューギャラン)にも受け継がれている。

参考画像:2代目ギャランセダン(後期型)
75年11月 ギャラン1600カスタム
トミテクさん、是非ニューギャランもモデル化してくだせえ

TLV ギャランAⅡGS
TLV ギャラン16L GS
TLV ギャラン16L AⅡGS
TLV ギャラン16L AⅡGS
4分割から5分割になったテールランプは幅も広がり、高級感を加えることに成功している。
その反面、全体的なバランスは崩れてしまった感も。
ただし、赤一色からアンバーが追加されたのは当時としてはプラスだったはず。

TLV ギャランAⅡGS
TLV ギャラン16L GS
基本ボディはもちろん同じだが、エンブレムなどの変更に豪華志向が感じられる。

ギャラン者の貴方はどちらも手に入れるのが吉!と占いには出ております。
スポンサーサイト
[ 2014/07/11 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
やはり初代の「前期型」の方に、デザインの明快さと言うか切れの良さを感じます。
確かテールライトの方向指示器がアンバー色になったのは、当時の車両保安基準対応だったように思います。
2代目ギャラン(ニューギャラン)、
TLVNならいつか出してくれそうですね~。
あ、でも僕は、ギャラン・シグマの
GSRかGSLを先にバリエーション追加してほしいです~。(笑)
[ 2014/07/12 22:18 ] celica197012 [ 編集 ]
こんばんは、celica197012さん

どの車もデビュー時の方が狙いがはっきりしてて、デザインもスッキリしてますよね。
初代ギャランも前期の方が全体的にまとまっていると思います。
ただ、新鮮さを出すためにMCでイジられてしまうのはいたし方ないんでしょうねえ。

70年前後はテールウインカーの色も赤一色がまだまだ多いんですよねえ。
前モデルがアンバーだったのに、FMCやMCで赤一色に戻ったケースもありますし。
もっとも、赤一色は視認性も悪いですし、保安基準に対応せざるを得なかったでしょうね。
もっとも、個人的には赤一色のテールランプの方が旧車っぽくて好きなんですが(笑)

ニューギャランは歴代ギャランの中でもっともマイナーなんですよねえ。
生産期間も3年に満たないくらいの短命だし、ミニカーもプラモデルも存在しませんし。
まあ、オイルショックに被ったとはいえ、特徴が薄いスタイルなのは否めませんが(笑)
マイナー押しだった頃のTLVNだったら可能性もあったと思うんですが、今はどうでしょう?
もちろん、ΣのGSR/GSL/SLスーパーも期待して待ってるんですが(笑)
[ 2014/07/13 02:15 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する