3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

日本一の覆面パトカー 

2014年9月2日・3日 追記 11月19日 画像追加 2015年8月25日 12月22日 画像一部変更
グロリアV20ターボ
グロリアV20ターボ
グロリアV20ターボブロアム 1/24


このところ、ダンディのY30セドリックからネタを引っ張っているが、当然今回も引っ張るさね。

さて、前々回、当時物の1/24プラモデルにアオシマとフジミがあると書いた。
しかし、そのほかにも1/24のY30セド/グロのプラモが存在する。それが上の画像。
管理人が約20年ほど前に作ったものだが、カンのいい方なら、もうお気づきですね?

そう、昔ドラマでよく見かけた劇用車風に仕上げてあるんですよ!
えっ?メーカーはどこ?だって?それは次回のお楽しみってことで(ネタは引っ張るに限る)
ところで、黒いボディ+エンケイのホイールを履いた劇用車とくれば…


西部警察パートⅢ
一番乗りはやっぱりというか、案の定というか、西部警察パートⅢ

Y30セドリック初登場は第63話「愛と哀しみの銃弾」 1984年9月9日 OA
西部警察パートⅢ

Y30セドリック/グロリアがデビューしたのが83年6月なので、1年3カ月経ってからの登場。
撮影時期を考えても、デビューからほぼ1年後の投入と、やっぱり遅すぎのような?
とはいえ、西部警察も第69話「大門死す!男たちよ永遠に」(84年10月22日 OA)で終了。
だからか、99年の再放送まで、西部警察にY30が出ていたことを全く覚えておらなんだ。
63話~69話を見ても、活躍は少ないというか、目立たないというか…

64話「14年目の賭け」 1984年9月16日 OA
西部警察パートⅢ
65話「鮮血の絆!」 1984年9月23日 OA
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
66話「たった一人の挑戦」 1984年9月30日 OA
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
67話「真夜中のゲーム」 1984年10月14日 OA
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
68話「~青春~愛の旅立ち」 1984年10月21日 OA
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
最終回SP「大門死す!男たちよ永遠に…」 1984年10月22日 OA
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
活動期間が1ヶ月半、たった7話しかないんじゃ、いたし方ないところ
この2台は「品川59 つ 37-14」と「品川59 つ 37-15」と、ナンバーの数字が並びになっている。

この項目は9月3日追記
genzaburoさんのコメントにより、第68話「愛の旅立ち」1984年10月21日 OAを再チェック。
すると~!
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ
西部警察パートⅢ

五代(気象予報士)が乗っているY30セドリックは「品川59 つ 37-11」と、並びの近いナンバー。
この前68話をチェックしておきながら、この車のナンバーまでは見てなかったわ…orz
ところで、この37-11車はその後どうなったんだろう?日産に返却されたのかしらん?

後番組として始まったのが
私鉄沿線97分署
1984年10月28日~86年9月14日まで放送されていた私鉄沿線97分署

前番組の西部警察とは180度逆の人情刑事ドラマながら、好評につき2年の放送になった。
その中で第1話~最終回まで活躍したのが
私鉄沿線97分署
2台のY30セドリックの覆面パト。もちろん西部警察からの引き継ぎ。

この2台、見た目はまんま同じなのに
私鉄沿線97分署
私鉄沿線97分署
私鉄沿線97分署
ナンバーの数字がまるで並んでいない。当然模造ナンバーだろうけど、なぜ?

ここから9月2日追記
さらに引く手あまたの人気ぶりを見せる。それが
あぶない刑事
あぶない刑事 1986年10月5日~87年9月27日

あぶない刑事といえば、説明不要の2代目レパードだけど、それだけじゃ成立しないわけで
あぶない刑事
あぶない刑事
あぶない刑事
あぶない刑事
第1話から黒のY30セドが覆面車として登場。もちろんエンケイホイールも健在。

このY30セドを使っていたのは
あぶない刑事
あぶない刑事
あぶない刑事
吉井(山西道広)や田中(ベンガル)ら、タカ&ユージ以外の捜査課の面々のイメージだけど

あぶない刑事
あぶない刑事
時には鷹山(舘ひろし)や大下(柴田恭兵)、さらに少年課が使うこともあった。

あぶない刑事
あぶない刑事
あぶない刑事
この3話「挑発」1986年10月19日 OAのみ、ナンバーが「横浜58 な 49-51」になっている。
あぶない刑事 32話
あぶない刑事 32話
あぶない刑事 32話
あぶない刑事 32話
通常は「横浜58 つ 90-86」で、2台のうち、「品川59 つ 37-15」のナンバーの車らしい。

あぶない刑事
スポンサーサイト
[ 2014/09/01 20:00 ] 劇用車 | TB(0) | CM(5)
こんばんは。またお邪魔します。
フジミやアオシマの西部警察仕様があったのは知りませんでした。知っていればミニカーから移行出来きたかも。。。
テレ朝経由でに日産から西部警察に導入されたy30v20SGL-HTについて勉強になりました。先日気がついたんですが、西部警察partⅢ68話に37-11というナンバーを付けたy30が出ていました。37-14,37-15だけでは無かったんですね。
あと、あぶ刑事で付けていた90-86というナンバーですが、某サイトによれば、逆さにすると、68-09となり、西部警察開始時の団長車だった230系ローレルのナンバーになるとのことです。西部警察とあぶ刑事では車両担当者が同じだったんでしょうか?
尚、あぶ刑事27話(勝又州和がゲストの回)で勝又が乗ったソアラz10後期と柴田恭兵が運転するUF31レパード(VG30DE)前期型V6-3000アルティマとのカーチェイスの中でエキストラとして35-17のナンバーを付けてスピンターンしてします。
[ 2014/09/02 23:41 ] genzaburo [ 編集 ]
こんばんは、genzaburoさん

言葉が足りず、申し訳ありません。
フジミとアオシマから出ているのはY30セドリック/グロリアの1/24のプラモデルです。
2社ともV30をモデル化しているので、素組みでは西部警察仕様にはなりません。
また、アオシマは前期型ですが、フジミは改修を受けて後期型のみとなっています。

Y30セド/グロのプラモデルについて、詳細が載っているHPを見つけました。
http://www2.odn.ne.jp/~ccq36900/mt55amania_031.htm

特命車とあぶない刑事の劇用車のwikipediaによると、どちらのY30セドも日産の広報車だそうですね。
広報車云々についてはわかりませんが、ナンバーの数字も近い並びの数字ですし、納得できます。
ただ、導入に時間差があり、テレ朝経由というより、制作会社が手配したのではないかと想像しています。
また、68話の37-11のY30の件、追記させていただきました。
画面を見る限り、本物のナンバープレートのようですし、どういう経緯で登場したのか不思議です。

あぶない刑事でのナンバーの数字、偶然な気もしますが、担当者のお遊びという線もありそうですね。
両番組の車輌担当は別だと思うんですが、Y30セドを使っていますし、繋がりがあるのかもしれません。
あぶない刑事27話については追ってチェックしてみたいと思います。
ソアラのタイヤがバーストしたシーンでスチールホイール?に変わってたのは強烈に覚えていますが(笑)
[ 2014/09/03 23:46 ] ドラゴン [ 編集 ]
尚、あぶ刑事27話でエキストラとして登場したy30のナンバーは35-17でなく37-15の誤りです。訂正してお詫び申し上げます。(つまり、西部警察時代からのオリジナルのナンバーを付けて登場していたということです)。
[ 2014/09/04 08:58 ] genzaburo [ 編集 ]
あぶ刑事27話でエキストラとして登場したy30のナンバーは35-17でなく37-15の誤りです。訂正してお詫び申し上げます。(つまり、西部警察時代からのオリジナルのナンバーを付けて登場していたということです)。
[ 2014/09/04 08:59 ] genzaburo [ 編集 ]
西部警察PARTⅢの第63話から第69話の最終回スペシャルまで、私鉄沿線97分署の第1話から第90話の最終回まで、あぶない刑事の第1話から第51話の最終回まで、特捜最前線の第485話から第508話の最終回、大都会25時の第1話から第23話の最終回まで、活躍された日産セドリック4ドアHTV20ターボSGLの劇用車の覆面パトカー(エンケイアルミホイール)で、実を言うと、西部警察PARTⅢから、私鉄沿線97分署、あぶない刑事、特捜最前線、大都会25時まで大活躍した、刑事ドラマなんですね!つまり、刑事ドラマが最終回になると、セドリックの覆面パトカーが譲る気持ちになっているんです、これは、エンケイアルミホイール仕様になっているモノですから。どうか、BS放送のBS11、CS放送のファミリー劇場HDの私鉄沿線97分署、CS放送の東映チャンネル&日テレプラスのあぶない刑事、東映チャンネルの特捜最前線セレクションの刑事ドラマのテレビを見て、参考にして下さい、宜しくお願いします。
[ 2016/06/21 18:38 ] 加藤寛教 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する