3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

最大公約数の主張 

TLVN コナミ マークⅡグランデ


前回、TLVNのマークⅡグランデを紹介したので、今回はコナミのマークⅡとの比較でも。

管理人はコナミのマークⅡを2台持ってるのに、どちらもスリークブラウントーニング。
本当は白がよかったが、こればっかりは時の運というか、めぐり合わせなので仕方ない。
と思っていたら、TLVNのマークⅡも白とスリークブラウントーニングでリリースと来た!
そこで、単体レビューは白に任せ、比較にはスリークブラウントーニングを使うことに。

ところで、あまり記憶のないスリークブラウントーニングだけど、実車はこんなカラーリング
マークⅡグランデ
マークⅡグランデ(シングルカム) 85年4月版カタログより

意外や意外、マークⅡの代名詞とも言えるルーズクッションシートは1カムグランデには未採用。
マークⅡグランデ
霜降り肉をふんだんに使い、夢のような座り心地を実現したグランデ・ツインカム24のシート。
マークⅡグランデ ツインカム24
マークⅡグランデ ツインカム24
1カムグランデの場合、バーガンディの内装色を選んでもこんな感じに(拾い画)
マークⅡグランデ

TLVNのマークⅡは1カムの、コナミはツインカムのグランデをそれぞれモデル化している。
TLVN マークⅡグランデ
トミカリミテッドヴィンテージNEO マークⅡグランデ 1/64 2014年10月発売
コナミ マークⅡグランデ
コナミ Car of the 80's マークⅡグランデ ツインカム24 1/64 2006年10月発売

同じ車種、同じカラーリングなれど、リリースには8年の時間差があるのねん。


TLVN マークⅡグランデ
コナミ マークⅡグランデ

TLVN マークⅡグランデ
コナミ マークⅡグランデ

TLVN コナミ マークⅡグランデ
TLVN コナミ マークⅡグランデ
TLVNを単体で見るとグリルの表現が物足りなく感じるが、8年の差はきっちり出ている。
また、メッキのドアミラーやブラックアウトされたフロントウインドー縁など、ツボもばっちり。
コナミはライトやグリルの天地高や角張り具合に違和感があり、ドアミラーもなぜかカラード。
しかし、451円(当時・税込)という価格を考えれば、むしろ、このクオリティは悪くないはず。

TLVN マークⅡグランデ
コナミ マークⅡグランデ

TLVN マークⅡグランデ
コナミ マークⅡグランデ

TLVN コナミ マークⅡグランデ
TLVN コナミ マークⅡグランデ
トランクやバンパーなど、造形はTLVNが上だが、ライト回りの雰囲気はコナミに軍配。
また、TLVNはせっかくのタンポ印刷のエンブレムがボディ色に消されているのが勿体ない。

マークⅡグランデ
TLVN マークⅡグランデ
コナミ マークⅡグランデ
ボディサイドは明らかにTLVNの圧勝。コナミはトランク高があり、ややウエッジシェイプ気味。
また、トーニングのセンターカラーのブラウンもTLVNの方が近似しており、コナミは明るすぎ。
前からコナミのボディには既視感を感じていたが、HITEQ JASMINEさんのブログに目から鱗。
そう、小学生の時に作ったLSのマークⅡに似てるのよ!もしかして、アリイのキットを参考に?

TLVN マークⅡグランデ
コナミ マークⅡグランデ
TLVN マークⅡグランデ
コナミ マークⅡグランデ
外から見る限り、内装パーツはTLVNの方がよく見えるが、成型色のままで安っぽいような…
ところで、コナミのような黒い内装色は本当にスリークブラウントーニングにあったのかしら?

TLVN コナミ マークⅡグランデ
さすがに同じスケールだけあって、大きさに差はない。でも、色味はこれだけ違う。

どちらも決められた枠内でいい仕事をしていると改めて思ふ。
TLVN コナミ マークⅡグランデ
スポンサーサイト
[ 2014/10/15 06:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
こんばんは〜。
2色買ったんですね。80年代中頃からのマークⅡ(トヨタ車?)というと白のイメージですもんね。
もう一色をカタログカラーにしたのも、TLVのお約束というところでしょうか。
スリークブラウントーニングという名称は、あまり馴染みが無いですが
アメ車からの流れなんでしょうけど、セドグロワゴンやシビックカントリーのような
サイドに木目調風な色合い?を入れるのは、当時は見慣れていたせいかなんとも思わなかったん
ですけど、今見直すとなんとなくお洒落な感じで良いですね。
と、書いた所で実車画像をよ〜く見るとただのカッパーゴールドにも見えますよお。。。
箱画とTLVの画像はそんな風に見えますが。。。。どうなんでしょうかねえ(笑)。

で、2モデルの比較ですが....。パッと見た感じでフロント部分は、
コナミがイメージに近い感じがします。(実車画像を見るとディフォルメがキツいんですが)

なぜだかそのディフォルメ感がダイヤペット臭く感じます...。
TLVは...GX81チェイサーに見えるんです。ヘッドライトが少し縦幅が狭く、
フォグランプ部がグリルと同じ大きさなのに、それがあまり感じさせないからなんですかねえ。
リアはリンク先のブログ主の方も書いておられましたが、車種やグレード名、マークⅡ印も
はっきりわかるコナミの方が、買って得した感はあると思いますよね。
ボディその他は、設計年度や値段からいってもやっぱりTLVに軍配が上がりますね。

そういえば、世代的にど真ん中なのにこれのプラモは作った事は無いんですよねえ。
模型屋やスーパーのプラモコーナーでは嫌という程見た憶えがありますが...。
同時代のクレスタは何台かあるんですけど...っておわかりですよね。セダンだからです(笑)。
そういえばハコスカ、ケンメリ、R30スカイラインにオオタキの430...。セダンばっかり
作ってましたねえ。4HTでも七曲署の影響で110~120クラウンはかなり作りましたけど...(笑)。
[ 2014/10/17 01:12 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

最近は一日一食すら危ういくらいの極貧生活なんですが、無理して2色買ってしまいました(笑)
おっしゃる通り、80年代半ばからのトヨタ車といえば、やはり白を極めたスーパーホワイトですよね。
そのイメージが強すぎるので、もう1色は敢えてマイナー?なカラーを選んだのかなと。

71の一世代前の51クレスタ&61マークⅡ/チェイサーからトーニングカラーを採用してたんですね。
もっとも、下のHPによると、110クラウンのインペリアルトーニングをアレンジしたようです。

クレスタとは?
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/toyogrande/crestareki.htm 

当時のクラウンはアメ車の影響も強かったですし、マークⅡにもそのトレンドが反映されたんですねえ。
トーニングカラーは直線的なボディにマッチして、白とは違うパーソナルな雰囲気も醸し出しますね。
実車の色味ですが、ちょうどスリークブラウントーニングの中古車が売り物に出ていました。
天気のいい日に撮られているので、なんとも判断付けにくいんですが(笑)

http://kuruma-ex.jp/usedcar/detail/ac201428530215

LUXEさんはコナミのフロントマスクに近い印象をお持ちですか~。
ダイヤペットっぽいというのも、なんとなくわかる気がします。
そしてTLVNのイマイチなフロントマスク、たしかに81チェイサーっぽいですね~
なんとなく既視感があったんですが、ライトとグリルのバランスといい、図星です(笑)
HITEQ JASMINEさんも書かれてましたが、リアのエンブレムが見えにくいんですよ。
ここらへんは後期型では気を付けてほしいというか、今後の製品全てに気を使ってほしいなと。
23年ぶりの本家と違って、しれっと値段が上がってるんですし(笑)

LUXEさんは71マークⅡのプラモは作られた経験はないんですか~
トヨタ党だし、LSだけじゃなく、フジミやニチモ(駄作との噂)もあったのに意外ですねえ…
と思ったんですが、セダン党だからというスタンスには納得です(笑)
私は71チェイサーも組み立てましたが、逆にクレスタは一度も作ったことがありません。
別に嫌いではないんですが、不思議と縁がないようで。
クラウンはフジミの120を一度だけ組み立てたこともありますが、今は積みプラの中に1個眠ってます(笑)
[ 2014/10/18 00:32 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する