3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ハイソ心は燃えているか 

Gメン75
Gメン75
Gメン75


前回、トミカのソアラを紹介したが、今回もプチハイソカー特集としてソアラを取り上げたい。

現役当時はかなりの人気を誇っただけに、プラモデルは各社から各スケールでリリースされた。
それに対し、当時物のミニカーはトミカとダイヤペット、そしてチョロQシルエットくらいと少なめ。
最近でこそDISMや国産名車(DISMと同じ)や名車アーカイブスがあるけど、まだ少ない気が。

でもって、3吋スケールの初代ソアラといえば、トミカ以外にはこれくらしかないんだよねえ
Gメン75
Gメン75
Gメン75



コナミ ソアラ2800GT
コナミ Car of the 80's ソアラ2800GT 1/64

71マークⅡと同じコナミのCar of the 80'sの初代ソアラですよ!
以前取り上げたコナミのセリカやタッカーのレガシィetc.と同じジャンクセットに入っていた1台。
ご覧のとおり、チップだらけでコーナリングランプは欠品と、ジャンクのフレーズに偽りなし。
でも、ヤフオクや中古店では結構高値になりがちなので、シブチンの管理人はこれでも充分。

コナミ ソアラ2800GT
フロントマスクはクリアーパーツなどを使い、トミカよりもバランスも取れている。
それなのにライトやハウジング、グリルの形状が今ひとつなのか、ピリッとしない顔つき。
コナミ ソアラ2800GT
あっさりした造形だが、ソアラっぽい落ち着いた雰囲気が感じられる。
上下逆さまに見えるようなランプ縁の塗装やバックランプとの隙間など、勿体ない部分が。
コナミ ソアラ2800GT
キャビンとロワーボディのバランスなど、基本フォルムはオーソドックスでソアラらしい。
欲を言えば、もう少しボディ全体にエッジが効いていた方がメリハリとらしさが出るはず。
ホイールアーチが少し四角いのが気になる。マークⅡ同様、プラモを参考にした系?
スポンサーサイト
[ 2014/10/26 22:50 ] コナミ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する