3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

GTを超えられたか 

コナミ TL ソアラ2800GT


まだまだプチハイソカー特集は続くわけで、今回は3吋のソアラを比較してみたいと思う。
当然トミカとコナミだけど、ディスプレイのコナミと比較する以上、レギュラートミカでは物足りない。
そこで、久々にトミカリミテッドのソアラにお出まし願うことに。

TL ソアラ2800GT
TL ソアラ2800GT
トミカリミテッド ソアラ2800GT 1/65

入手以来、このカラーリングに微妙な違和感を抱いていたが、ようやくその理由が判明。
このモデル、登場時の最高級グレードだったGTエクストラじゃなく、GTリミテッドなのねん。
だからボディ色もホリゾンタルトーニングではなく、リミテッドクォーツトーニングだったのよ。

やっぱりソアラといったらこのカラーリングでしょ! ホリゾンタルトーニング
ソアラ 2800GTエクストラ
82年3月追加の2800GTリミテッドと、リミテッド専用色のリミテッドクォーツトーニング
ソアラ 2800GTリミテッド
う~ん、リミテッド専用色といわれても、ホリゾンタルトーニングほどのインパクトは…
でもって、トミカリミテッドの車名はソアラ2800GTだから、エクストラだと思っちゃうじゃん。


コナミ ソアラ2800GT
TL ソアラ2800GT
コナミ ソアラ2800GT
TL ソアラ2800GT
コナミ TL ソアラ2800GT
コナミ TL ソアラ2800GT
フロントマスク一体成型でライトもシルバー塗装のトミカはコナミに比べ、どうしても不利。
しかし、シャープな造形は23年も後発のコナミより断然上で、80年代のトヨタ車らしさがある。

コナミ ソアラ2800GT
TL ソアラ2800GT
コナミ ソアラ2800GT
TL ソアラ2800GT
コナミ TL ソアラ2800GT
コナミ TL ソアラ2800GT
どちらもソアラらしい雰囲気があるが、コナミは詰めが甘いというか、勿体ない部分が多い。
一方のトミカは後期型のテールランプを前期型に見せているため、不自然な分割線が入る。

ソアラ2800GT
コナミ ソアラ2800GT
TL ソアラ2800GT
落ち着いたスタイルはコナミに軍配。しかし、シャープさが不足しており、なんとなくダルい。
トミカはAピラーが後退し過ぎで、キャビンが小さめ。しかしエッジが効いて、軽快感がある。

コナミ TL ソアラ2800GT
上から見ると、コナミは全体の造形が柔らかく、トミカはキャビン全体を絞り込んでいる。

トミカもコナミもお互いの特徴がよく出てると思ふ。でも、そろそろ新規の1/64が欲しい気も…
コナミ TL ソアラ2800GT
スポンサーサイト
[ 2014/10/28 22:20 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
こんばんは〜。
TLのソアラの色、薄すぎるよな〜と思ったらそういう事だったのですね。
今回のブログで勉強になりましたm(_ _)m。
で、トミカのソアラですが発売当時に買いましたねえ〜。
勿論太陽は見ていましたから、110クラウンやセリカXXを大きめのダンボールの前に並べて
七曲署だ〜なんていって遊んでましたっけ。(あれ?今も動画で似たような事を....笑)
一つ前に紹介していた「SOARA」マークが入ったホワイトボディも番組に合わせて買った記憶が
ありますよん。なんで「TINCAM24」じゃないのお〜と悲しかった事が蘇ります。
トミカは後期型に改修されたようですが、Fバンパーは手を付けていないしリアランプも
段差が無いはずなのにそのまま残っていますねえ....。って後期型をカスタムして放置しているのを
思い出しましたよ。ほぼ出来ているのに、あとちょっとで完成すると思うと何か寂しくて
そのままです....遺憾でありイカンですね(笑)。
コナミのはタイヤ一式が使えると思って見つける買っていましたねえ。4~5台はあったりします(笑)。
ホリゾンタルトーニングは人気なのか一台しか無いですが、色に関してはホリゾンタルとリミテッド
の中間のような結構明るめな色ですね。
カタログさえ見なければこんな色だったよな〜で済みますけどね...。
出来はまあ、価格相応ですよね〜。ボディは薄くシャーシはプラでやたら軽いですし。
そろそろ新規の1/64が....は全く同意ですね。特に後期型がモデル化されてないので
是非ともTLV様にと、願っております(七曲仕様で出せますしネ!)。
[ 2014/10/30 01:15 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

TLがGTエクストラじゃなく、GTリミテッドだったことは最近ようやく気付いたんです。
記事にも貼ったんですが、初代ソアラのカタログがいくつか手に入りまして。
それまではLUXEさんと同じように、なんでこんなに色が薄いんだろう?って思ってました。

私もトミカのソアラは最初期のホリゾンタルトーニングを買ってもらいました。
そしてセリカXXや白い110クラウンと一緒に並べて…って、ほとんど同じようなことを(笑)

トミカのソアラは思ったより実車に即したカラバリが少ないんですよね。
当時物中期の黒/銀は後期、末期の銀/黒は前期のVRターボのカタログカラーに近いんですが。
ボディサイドにTWINCAM24とタンポ印刷されたのはスーパーギフトに存在したようです。
スーパーギフトを入手できた人は限られるでしょうから、レアなカラバリですよね。

http://kenbox.ib.shopserve.jp/pic-labo/2010495667_1.jpg

その後、サンルーフ可動にあわせて後期型に改修されたようですね。
もっとも、おっしゃる通りバンパーは前期のままだし、ライトもフラットではない不完全ぶりで。
ソアラが好きな人はやっぱり完全な後期型に改造したいですよね?(笑)

LUXEさんがコナミのソアラを持っているのは知ってましたが(youtube)、複数台持ってたんですか。
やっぱりソアラ=ホリゾンタルトーニングということなのか、ヤフオクでもあまり見かけませんね。
でも、実際に見てみるとプレ値で買うのも微妙かな?って思ったり(笑)
あと、コナミの1/64はシリーズ問わず、タイヤのゴムがちょっとヤワな気もします。

プラモデルでも後期型はフジミ1/48くらいしかないので、是非TLVNで期待したいですね。
西部シリーズみたいに、スタントに酷使されて傷だらけになったバリエーションもいいかも(笑)
[ 2014/10/31 00:25 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する