3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ハイソになれない理由 

西部警察パートⅢ


いっこうに終わる気配のないプチハイソカー祭だけど、もちろん今日も開催中。

ハイソカーブームの中心になったのがトヨタとマークⅡBrosというのは誰しも認めるところ。
今は71マークⅡばかり取り上げられるが、礎を固めたのは一世代前のX60系3兄弟のはず。

1980年4月デビューの初代クレスタ
クレスタスーパーツーリング
スーパールーセントはなぜか女子大生に人気があったらしい(画像はスーパーツーリング)

半年後の80年10月に登場した60系マークⅡはミニクラウンの趣
マークⅡグランデ
マークⅡグランデ

82年8月のMCでは1G-GEUが追加されて、パワーの面でも魅力UP
マークⅡグランデ ツインカム24
グランデツインカム24。80年代のトヨタ車になくてはならないのがツインカム24のネーミング

当然ながら、トヨタ以外のメーカーもブームに乗るための車種やグレードをリリース。
マークⅡのライバルはもちろんローレル!と言いたいが、トヨタ的にはそうでもないはず。
そう、ライバルは昔からスカイラインと相場が決まっており、こちらも高級グレードが用意される。

R30スカイライン  動力性能の面はFJ20搭載のRSがトップ
スカイラインRS
上級グレードはハコスカ以来のXグレード(ジャパンからGT-EX)だけど
スカイラインGT-EX
その上にGT-EXエクストラがあった。
スカイラインGT-EXエクストラ
メッキのフロントグリルやフェンダーミラーで、キラキラ感で高級感をアピール。
それでも勝てないと見るや否や
スカイラインGTパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
グランデの向こうを張って、パサージュを追加してきた。

しかし、シンプルなスタイルでは高級感が足りないと判断したのか
83年8月のMC後のGT-EX
スカイラインGT-EX
GT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
スカイラインGT-EXパサージュ
バンパーを大型化したり、グリルを変更したり、ワインレッドの内装色を採用したり…
と、わかりやすい高級感を目指したんだけど、結局はマークⅡの方が日本人好みでしたとさ。

なぜこんなに画像を貼ったのかというと、今回取り上げるのはR30セダンのミニカーだから。
それも子供向けのトイミニカーとくれば、やっぱり…


トレーン スカイラインパトカー
トレーン スカイラインパトカー 1/43

意外なほど有名なトレーンの点滅シリーズのスカイラインセダンですよ!
他のバリエーションとして、救急車や消防司令車、さらにタクシーもラインナップされていた。
同じ点滅シリーズには430セドリックもあり、ヤフオクや専門店でもたまに見かける。

このシリーズは元々サクラペットのピカピカシリーズで、トレーンが金型を引き継いだらしい。
(株)サクラという会社はダイヤペットの下請けだったとかで、全体の雰囲気も似てる気が。
もっとも、このR30はサクラ製なのかトレーン製なのかは不明(管理人はトレーン説を取る)

この点滅シリーズは点滅ギミックメインのミニカーだし、ユルい目で見てみまひょ。
トレーン スカイラインパトカー
ライトとグリルのバランスは悪くないし、ハニカムグリルも再現されているフロントマスク。
クリアーパーツの上下に黒いプラパーツがあるのはダイヤペットの7thスカイラインに近い。

参考画像:ダイヤペットの7thスカイライン
ダイヤペット 7thスカイライン フロント

トレーン スカイラインパトカー
間違いなくR30スカイライン、それもGTを再現しているが、いかんせん黒いテールランプが…
このパトカーは静岡県警のシールが貼られているが、47都道府県が用意されたのかな?

トレーン スカイラインパトカー
見ての通り、スカイラインというよりオースターJX/スタンザFXみたいなプロポーションに。
しかし、よく見ると意外と特徴をつかんでおり、トイミニカーにしては悪くないと思う。
サクラペットにジャパンセダンがあったので、金型流用かとも思ったが、全くの別物だった。

そして1/43ならではのギミックはと言うと
トレーン スカイラインパトカー
ボンネットとトランクは開かないが、左右のフロントドアは開閉する。
ただし裏板に電池を入れる構造で、室内部に点滅スイッチがあるため、内装は皆無。
でもって、単3電池を入れてみたら
トレーン スカイラインパトカー
トレーン スカイラインパトカー
点滅ギミックはしっかり生き残っておりました。

ところでR30スカイラインの警らパトカーといえば西部警察が有名だけど、管理人は断然こちら
スポンサーサイト
[ 2014/11/21 06:00 ] 1/43 | TB(0) | CM(2)
はじめまして。ルン様(カオルン→九龍→ドラゴンだから・・・ダメか)。

貴重なミニカーのコレクションをお持ちですねえ。ついつい羨んでしまいます。

R30のパトカーは、私も幼い頃子供向けビデオで見たのが最初です。ですので、私の中では、一番好きなスカイラインの型であり、パトカーの車種であります。

劇用パトカーでの登場は、やはり「西部警察」が最初ですが(一台がRSベースってすごいですよね)、メディア作品での活躍がより本格化したのは、80年代末期から90年代半ばだと思います。刑事ドラマだけでなく、2時間サスペンスやヤクザ映画、特撮ヒーローモノ、Vシネマにまで登場していたのが確認できます。

このように、R30のパトカーは、現実とフィクションの境界を大きく越えて活躍していた存在だったといえるでしょう(ちと極端か・・・)。

最後になりますが、今後も私のつたないコメントを相手にしてくださると、恐縮です。
それでは、今日はこのへんで。
[ 2015/03/30 20:32 ] 妄想大好き人間 [ 編集 ]
はじめまして、妄想大好き人間さま

当ブログ管理人のドラゴンです。
人の名前は記号だと思っているので、ルンでも構いませんよ(気づくかどうかは別)

私のコレクションですが、昔から持っていた物よりも近年手に入れた物が多くなりました。
古い物はヤフオクをメインにしつつ、とにかく安価が一番…という方針で集めています。
なので、トミカ1Aホイール、香港トミカ、古いダイヤペットetc.未だ入手できない物もかなり…
このトレーンのスカイラインパトカーはワンコイン(大きい方)くらいでした。

スカイラインはパトカーの定番車種だったので、R30パトを目にする機会も多かったですね。
R30スカイラインはすっきりとしたシンプルなスタイルに80年代らしさを感じます。
新時代のハコスカ的というか、スカイラインらしさを上手く盛り込んだスタイルかなと。

西部警察ではエンケイアルミを履いてましたが、他のドラマでは鉄ホイールで本物に近かったですね。
RSはさすがに不自然ですが、GTのどのグレードでも“らしく”見えるのがポイントでしょうか。
最近の2ドラでは覆面パトカーも実物に近い車種を使っているようですが、その先駆けなのかも?

拙いブログですが、今後もよろしくお願いします。
[ 2015/03/31 23:50 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する