3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

コワモテの進化 

トミカ ヴォクシー
トミカ トヨタヴォクシー 1/65


前回、入手速報にも書いたとおり、トミカ12月の新製品・ヴォクシーを入手した。
そこで、遅まきながら簡単なレビューをつらつらと。

まずはパッケージだが
トミカ ヴォクシー
大きいボディの車種ならこうでなくっちゃ!の大箱。
トミカ ヴォクシー
トミカ ヴォクシー
何月からだったかは覚えてないが、シュリンクパックからキャラメル包装にチェンジ。

これは期待できるんじゃないかしらん?
トミカ ヴォクシー
グレード表記はないものの、箱絵からエアロ装着のZSのモデル化とわかる。


トミカ ヴォクシー
トミカ ヴォクシー
ライト、グリル、大型バンパーなどは全てボディ一体成型+塗装のトミカスタンダード。
バンパーのインテークの色差しがなかったり、スリットの数が違うなど、惜しい点もある。
また、初回限定のパールホワイトは明色×明色のため、ライトにメリハリ不足を感じるかも。
レギュラーのダークブルー(ブラッキッシュアゲハガラスフレーク)では充分解消されている。
トミカ ヴォクシー
トミカ ヴォクシー
スクエアなリアも再現度は高い。CIは表現されているのにVOXYエンブレムがないのが残念。
また、シルバー塗装のテールランプもメリハリは薄いが、クリアーテールらしさは出ている。
トミカ ヴォクシー
先代は両側スライドドア開閉だったが、新型はリアゲートの開閉に変更。
トミカ ヴォクシー
ウィークポイントの一つ、大きすぎるホイールアーチが消え、実車に近いバランスになった。
反面、ホイール径が小さく、車高も低いので、実車の車格以上の重厚感が漂う。
スポンサーサイト
[ 2014/12/26 02:15 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する