3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

29年目の幻 

2016年3月5日 画像追加
TLVN スープラ2.0GTツインターボ
トミカリミテッドヴィンテージNEO スープラ2.0GTツインターボ 1/64


今回は先日入手したTLVNのスープラをご紹介。
現役時代は人気車だったと記憶している70スープラだが、当時物は意外と少なめ。
1/24だとフジミ(ナロー→前期ワイド?→後期)とタミヤ(前期ワイド)くらい。
ミニカーもダイヤペット1/40くらいで、先代のセリカXXをリリースしたトミカからは出なかった。

もっとも、「ミニカー大百科」を見ると、モデル化の検討はされたらしい。
トミカ 試作木型
最初のページに製品化見送りの試作木型が載っており、その中にスープラの姿も。
これを見てかなりがっかりしたのを今でも思い出す。
もっとも、当時は31スカイラインやRX-7(FC)とか、ブサイク 丸っこいトミカが出始めた頃。
もしスープラがモデル化されてたとしても、どんな仕上がりになったことか…

というわけで、TLVNのスープラは本家の幻を29年目にして現実化したもの、と言えなくもない!
えっ?ちょっと強引?ま、そんなことは気にせずに見てみまひょ!
スープラ



TLVN スープラ2.0GTツインターボ
TLVN スープラ2.0GTツインターボ
セリカXXの血を受け継ぐ、オオサンショウウオみたいなフロントマスクは再現度高し。
ウインカー+車幅灯はクリアーパーツだが、バンパーのフォグは白塗装になる。
サイズや形状的に難しかったのか、グリルのTWIN CAM 24エンブレムはない。
TLVN スープラ2.0GTツインターボ
TLVN スープラ2.0GTツインターボ
あっさりとしたテールランプや小ぶりなスポイラーなど、前期型特有のディテールもばっちり。
ただし、ストップランプの赤の色味は深すぎるような気がしないでもない。
TLVN スープラ2.0GTツインターボ
F/Rのオーバーハングが長い、低くて伸びやかなアメリカンテイスト漂うGTカースタイル。
ホイールは形状はイイのに、光輝度の低いシルバーを使っているので実感が不足気味。

TLVN スープラ2.0GTツインターボ
Fのリップスポイラーは別パーツで封入されている。
スポンサーサイト
今晩は雨の所為で冷えていますね。
書いておられる通り、初代スープラってミニカー化に恵まれていないようで。
その当時のミニカー事情はよくわかりませんが、トミカ歴史館を見ると1985年くらいに
新製品の数が結構減り、そして翌年に大味になってちょっと肥大化してますよね。
思うに80年代半ばくらいに、ベビーブームだった70年代前半に生まれた子がミニカーを卒業する
年頃になって(私もその頃にカープラモに移行しています)、子供向けのミニカー市場が
少し変わったように感じますねえ。まあ、スープラがトミ化されていれば1/59くらいで
ディティールも甘く、そしてそして今になって変な縛りでTLVで出せないと考えたら
これで良かったような気がします(ドアが開閉する初代スープラも見たかったですが...)。

「セリカXXの血を受け継ぐ、オオサンショウウオ顔」とは。
この頃のスープラ、RX-7や180SXにコルベットなんか、パッと見で見分けがつきませんもん(笑)。
今の車のデザインは皆同じように見えますが、昔もよく似たデザインもあるんですよね〜。
それと、ホイールの塗装が輝度低いシルバーって、まあ....どこかツッコミ所を残してくれる
TLVですからねえ(笑)。京商や、あのコナミでさえメッキをかけたホイールで出していたり
しますから、もうちょっと頑張って欲しかったですね。
画像を見ていると覆面白以外にワインレッドも欲しくなりますねえ。イカンイカンe-259


[ 2015/06/19 23:13 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

朝からず~っと梅雨寒の一日でしたねえ。

80年代半ばのミニカー業界は不振だったのか、新製品のリリース数が減った印象がありますね。
トミカは裏板の共通化や、インテグラやファミリアみたく金型流用で対処したようですが、イマイチ出来が…
ダイヤペットはもっとわかりやすく、年を追うごとに新製品の数が減っていきましたねえ。
某掲示板で見たんですが、ダイヤペットの金型を作っていた工場がトミカに流れたので大味になったとの噂も。

ミニカー離れのひとつに、ファミコンetc.のゲームの流行もあったんじゃないですかね?
幼稚園児~小学生といったミニカーの購買層の多くがファミコンやディスクetc.に流れたでしょうし。
一方で、大人向けのコレクティブルミニカーはまだ市場もなければ、メーカーも思いつかなかっただろうと。
トミカ15周年記念のアンチモニーモデルもスペシャル感はともかく、リアルとは程遠い出来でしたし。

もしトミカからスープラが出ていたら、ナローなのにワイドボディみたいな幅広だったかなと(笑)
あの試作木型のままモデル化されていたなら、結構良かったかな?とは思うんですが。
そして全体は流面形セリカやRX-7(FC)、スカイラインGTSやMID-4みたく、妙に丸くて寸詰まり(笑)
せっかくリミテッド化してもTLVNみたいにはなれなかったでしょうねえ。

80年代のリトラクダブル車はみんなフロントが低く、のっぺりしたマスクなんですよね
ライト幅やグリルetc.で他車との違いを出そうとしてるんですが、結局は似てしまいがちで。
リトラクダブルを採用する時点で、カッコよく見せたいという考えが全車の根底に流れてますし(笑)

タイヤorホイールの出来のイマイチぶりはTLV&Nのウィークポイントですねえ。
こればかりはいつまで経っても本家のトミカリミテッドや京商にも負けているような気がします。
ボディやディティールへのこだわりは感じるんですが、ホイールはさらっと作ってるんじゃないかと。
でも、LUXEさんにはワインレッド/シルバーもおススメしておきますよ(笑)
もっとも、ワインレッドの覆面車も太陽シリーズから出るかもしれませんが(当たるも八卦)
[ 2015/06/20 02:38 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する