3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

サメの顔 

日産 ブルーバードU2000GT


うっとおしい梅雨が止まった途端、連日猛暑と来た日にゃあ、身も心もヘトヘトになっちゃうわ。
そういえば、先週末はTLV&Nの発売日だったのよね。でも、今月は買う予定なし。
マシンRSはさすがに高過ぎるし、覆面セリカはレギュラー品との違いがあまりないし…
ま、いずれはどちらも買うだろうなあとは思ってるけど。

ということで、今月の新製品レビューはなし。じゃ~ね~!
ってなるかい!TLVNは買ってないけれど、代わりに色々な3吋etc.を入手してるんでありんす。
今回はGW直前に我がジャンクヤードにやってきた1台をご紹介。

トミカ ブルーバードU2000GT-X
トミカ ブルーバードU2000GT-X 1/62

トミカのサメブルは子供の頃に持ってたから、ず~っと欲しかったのよねえ。
ところがヤフオクでは人気で、何度も競り合っては負けっぱなし。でもって相場も意外と高め。
だけど、ジャンクはそうでもなく、念願かなって落札した次第。


トミカ ブルーバードU2000GT-X
バーチカルマスクと呼ばれるフロントマスクはライト+グリルに別パーツが奢られている。
グリルは実車同様のツライチにはなってないが、このスケールでは充分以上の再現度。
ナンバープレートにボディと裏板を留めるツメの役割を持たせている点に職人技を見た気が。
トミカ ブルーバードU2000GT-X」
デコラーティブなテールランプやリアパネルも別パーツだが、これまた素晴らしい出来栄え。
トランクにモールドされた5SPEEDと2000GTなどの芸の細かさは70年代トミカらしいポイント。
トミカ ブルーバードU2000GT-X
L20を搭載するためにロングノーズ化が図られたボディは実車よりもどことなく伸びやか。
サメブルの由来となったスリットやウインカー、さらにホイールアーチのフレアも彫りが細かい。
スポンサーサイト
[ 2015/07/14 01:30 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する