3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

伝承されたのは? その2 

トミカ WRX STI
トミカ WRX STI Type S 1/62


7月も下旬に突入したのはいいけど、梅雨が明けた途端に熱帯夜続きなのはキツイねえ…
日中だって体が溶けそうなのに、夜も蒸し暑いときた日にゃあ、寝苦しいったらないわね。
皆さまも水分&塩分補給や適度な冷房でご自愛くだされたし。

さて、今回はトミカのWRX STIをご紹介。
先月のレヴォーグは微妙なスケール以外、なかなかの出来だったけど、WRXはどうかしら?


トミカ WRX STI
ディティールを含め、ボディへのモールド+塗装で再現。造形はいいが、エッジが不足気味。
グリルもエアアウトレットもつや消し黒で塗装されているのに、わかりにくいのがもったいない。
個人的にはレギュラー品のブルー(WRブルー・パール)の方がメリハリがあってイイと思う。
トミカ WRX STI
でもって、うちもスバル一家ですけんね!という具合にボンネット開閉ギミック付き。
もっとも、セダンは左右ドア開閉の方が…と思わなくもない。

ボンネットの中は
トミカ WRX STI
レヴォーグみたいな残念な結果にはなっておらず、ギミックを採用した甲斐あり。

トミカ WRX STI
例によって、トミカスタンダードの手堅い造形と仕上がりを見せる。
リアスポは抜けているのが嬉しい半面、無塗装のためにプラの質感が出ているのが惜しい。

トミカ WRX STI
デフォルメやアンバランスさも感じられず、アグレッシブさをうまく再現したサイドスタイル。
ワイドタイヤと相まって、いかにもハイパフォーマンスカーといった趣が出ている。
スポンサーサイト
[ 2015/07/21 06:00 ] トミカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する