3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

第二次調査捕鯨 その6 

チェリカ クラウンHT クラウンタクシー


2015年も既に8カ月が終了し、9月ももう中旬になろうとしてるのねん。
ついこの前、正月が来たような気がするのに、時間が過ぎるのは本当に早いわねえ。
嗚呼、今から幼稚園、いや、赤ちゃんに戻って人生を一からやり直したいわ~!

そんなネガティブ思考の管理人が書く当ブログ、記念すべき第1回目に登場したのが
チェリカ クラウンHT
チェリカ クラウンHT
ダイヤペットチェリカ80 クラウンHT 1/58

3年前の調査データを再チェックしたところ、単独での調査報告を行っていないことが判明。
ということで、第一回から約3年半経ってようやくの調査報告と相成りましたとさ。
ま、時間がない時にお馴染みのお手軽記事ってやつで…


チェリカ クラウンHT
前回のタクシーと同じフロントマスクだが、ブルー一色のボディの方がマッチングよさげ。
ロードゴーイングVer.のカラバリとしては赤もあるらしい。
チェリカ クラウンHT
ライトもバンパーもボディ一体だけど、実車のデザインが幸いして違和感はあまりない。
リアパネルのモールドなど、ディテールも丁寧に再現されており、魅力を高めている。
チェリカ クラウンHT
パーソナルカーらしいスタイルも魅力的。ダイヤペットが各スケールでリリースしたのも納得。
でも、当時の自動車誌にCピラー~トランクのラインがムスタング似と指摘されてて、意外な気も。
スポンサーサイト
[ 2015/09/09 09:00 ] ダイヤペット | TB(0) | CM(2)
捕鯨船は今日も行く....こんばんは〜。
今回は冷凍保存庫から3年ぶりの登場!!のアオニマイドアクジラ。
第一回目にクジラクラウンとは、いいセンスしていたんですね〜(今もですけど)。
フロントは奥目表現がキツい気もしますが、
トミカとの中間くらいが一番それっぽいという事でしょうか。
仰る通り、リアは当時としてはかなりgoodな仕上がりですよねえ。
プレイアート(プレニカ)のクジラHTだと、前後のバンパーが無いので
かなり羨ましい仕上がりですよ。
そして横位置からですが、“Cピラー~トランクのラインがムスタング似”なんですか?
この画像から1971~2年型ダッジチャージャーを思い出しました。
http://www.oldcarbrochures.com/static/NA/Dodge/1971_Dodge/1971_Dodge_Charger-Coronet_Brochure/1971%20Dodge%20Charger%20%20amp%20%20Coronet-03.html
Fマスクやボディ形状等、ケンメリHTあたりも参考にしたのではないかと思います...。
さすがに調査捕鯨船は、港に戻る気がしますが....。

そういえばTLVで、新旧のタカ&ユージ専用覆面車がモデル化されるようで。
旧シリーズの1/64はアオシマで製品化済みなのに、「ウチがリアルな本物を出す」と言わんばかりに喧嘩を売っているのは、それだけ勝算があるんでしょうけど。。。ウーン。
430の警邏や4HTシルバー覆面とか、存もので企画は考えていそうですが
正直いらな...ゴホン。トオルが山の斜面から滑り降りてボコボコにした
ローレルセダンとか、ドラマ途中から出て来たマークⅡ警邏だったら、
文句は言いませんが...(否、普通に嬉しい)。
私はそんなモノより(失礼!)、アオシマグラチャンの年末発売予定の
2代目後期カリーナHTが何より楽しみです。(いつもの張り出したオバフェンではないようなので、一安心)
って、また話が脱線しました...m(_ _)m
[ 2015/09/10 22:20 ] luxe_37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

一旦帰港したどらごん号は再び出航の準備中…といったところでしょうか(詳細は秘密)
チェリカはタクシーだけの予定だったんですが、アオニマイドア単体での紹介がなかったことに気付きまして。
そこで、お馴染みの記事の水増しとして取り上げてみました(笑)

クジラのフロントマスクの彫りの深さは微妙なセンなんですよね。
トミカもダイヤペットも彫りが浅いし、チェリカもカスタムはあまり深くないですし。
その点、多少深くても“らしさ”が出ているチェリカのHTはいい塩梅だな~と。
リアもボディ一体モールドですが、それが幸いしてバランスよくまとまってますねえ。
プレイアートのHTはトミカのセダンと並べた時にスケールがバッチリなのが羨ましいところですよ。

ダイヤペット1/30のクジラHT
http://www.minicar-global.com/product_info.php?products_id=15250

ダイヤペット1/40のクジラHT(いくらプレ値でも高過ぎ…)
http://antique-rasisa.com/SHOP/TO1987.html

Cピラー~トランクのラインがムスタング似云々はモーターファン71年5月号に書かれてるんですね。
ラインだけでなく、Cピラーのルーバーもムスタングを思い起こさせるとも書かれてたり。
でも、おっしゃる通りにダッジチャージャーにも似てますねえ。
ちなみにケンメリは1970~71あたりのチャージャーに影響を受けてますねえ(パ●リ?)
当時の国産車はおしなべてアメ車がお手本ですし、各車のいいとこ取りなんでしょう。
また、以前読んだ本によると、面積の大きいCピラーは当時の豊かさの表現の一つだとか。

昨夜、某巨大掲示板を何気なく見ていたらTLVNのあぶ刑事シリーズが始まるのを知りまして。
アオシマの1/64は詰めの甘い部分もありますし、後発の強みを活かす気なんでしょうかねえ。
まあ、TLVの担当者氏はアオシマの人とも交流があるみたいですし、そこら辺は大人の対応なんでしょう。
もっとも、個人的には2代目レパードのリリースは嬉しい限りなんですよ(笑)
ローレルセダンやマークⅡパトの他に、女子大生が乗っていたFFコロナや海に落ちた130コロナも是非(笑)

グラチャンのカリーナ、フェンダーは叩き出しっぽいものの、あまり気にならないですね。
しかも角目の後期型と、ツボを突いてくる車種選択で(笑)
[ 2015/09/11 02:21 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する