3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ある入口 

SAV 表紙 モザイク


宿で休息しながら女将夫婦と話していると、主人も最初はこの秘境に探検に来たと言う。
そして秘境を探るうち、その魅力に取りつかれ、そのまま居ついてしまったというのだ。
主人もまたいくつかの1/40サイズミニカーを発掘し、ここに隠しているというではないか。
3吋探検隊にとって1/40~1/43は専門外だが、あえて見逃す手はない。
その見学を申し出たところ、主人は快く了承してくれた。


そして、宿の奥にある開かずの間に案内された我々が見たものは…

SAVのすべて 表紙
ええええええぇぇぇぇぇ!!!!! 誰得な本なんだよぉぉぉぉl?
「Jカーとの勝負はついた」って、最初から負けてたってことにしか思えないんだけど!


それにしても、第一印象が「ハッとしてグー」ってのは、なんとも危険な香りが…




ダイヤペット 110クラウン
ニュークラウンロイヤルサルーン 1/40
ワイドさを強調するためにデフォルメが強い点はトミカと共通。ブルーのヘッドライトが昔からの謎。
ダイヤペット クラウン消防司令車
トヨタクラウン消防広報車 1/40
安直と言えば安直なバリエーションだが、消防司令車ではなく消防広報車なのがひと味違う。
ダイヤペット セドリックパトカー
ニッサンニューセドリックパトロールカー 1/40
実車ならセダンだが、ダイヤペットはHTをモデル化したためにHTのパトカーがリリースされた。
とはいえ、ドラマなどで見かけたこともあり、さほど違和感もなく、雰囲気の良い1台。
ダイヤペット コスモAP 後期
マツダニューコスモクーペ 1/40
異形角型ライトになったコスモAPの後期型。フロント、リアともにしっかり改修されているのに、
ホイールは前期型のままなのがダイヤペットらしさ全開(イイ意味で)

ダイヤペット 323 白箱
これは一見ダイヤペットのマツダアスティナ(1/40)だが、ナンバーにご注目。そう、通常品ではなく…
ダイヤペット 323 ノベルティ箱
輸出仕様の323Fとして作られた海外向け販促品だそうで、ダイヤペットクラブ特注品になる。
左ハンドル、シルバーのホイール(レギュラーは白)、マツダのロゴがプリントされた専用箱が特徴。

もう1台マツダ車のミニカーをご紹介
ダンディ カペラ グリーン
以前にも紹介したカペラCGなんだけど…
ダンディ カペラ ノベルティ箱
これも販促品だったのか、専用箱に入っていた。トミーやダンディの文字は一言も書かれていない。

ダンディ Σ
ダンディ 三菱ギャランΣ2000GSR 1/45
以前紹介したコロナと同じく、ダンディらしい良さが出ている1台。TLVNでのモデル化を熱望してしまう。
ダイヤペット 7th
ニッサン7thスカイライン4ドアHT 1/40
7th前期型4ドアとしては数少ないモデルの1台(他にはフジミ1/24と1/48のプラモデルくらい)
以前よりダイヤペットの勢いが落ち始めた時期の製品だが、出来は良い。


数々のミニカーコレクションを見せてもらい、放心状態になってしまった3吋探検隊。
そんな我々を見送る人物がいたのに気付いたのは、眠りに就いた後だった。
スタンザ・オースター・リベルタ 裏表紙
SAV 関口宏
関口宏かよ!!!! しかも、髪の毛が真っ黒だし!!!!
SAV サニー店
左からデビルマン小野みゆき、マッドポリスから作詞家に出世した堀川まゆみ、
高原美由紀(当時売り出し中のタレント?)、ニューヨークの服部まこさ~ん

(つづく)


スポンサーサイト
[ 2012/05/12 02:15 ] ダイヤペット | TB(1) | CM(2)
何やらすごく濃いブツを...当時の日産小型セダンに、特集してヨイショする所なんてあったんでしょうか??っていうくらいの、平凡な印象しか私にはありませんねえ。別冊で出すくらいですから、さぞや提灯なんざんしょ...。
ダイヤペットのクラウンは、持っていましたね。なぜかリアランプが、雛壇の様に(4HTと間違えた?)なっておりました。430HTパトは、劇用ではぐれ刑事かなんかに出ていたような??たしか散光灯が少し後側に取り付けてありカッコ悪いなあ...何て思って見てました。マツダアスティナという車種は、初めて見聞きしました。リトラクタブル型ヘッドライトのミニカーで、ボンネットが開閉できるタイプだと、不思議とボンネットの浮きが目立ってしまうようですね。ギャランセダン...良いなあ...TLVで出て欲しい一台です。(本当は、ドア開閉機構や彫刻によるエンブレム再現のある当時のトミカクオリティで、色替えやホイール変えなんかも楽しみたいんですがね)
ダンディは直線的でしっかりと、ダイヤペットはなんとなく曲線的で柔らかさや重みがわかる感じでしょうか。
当時から、そんなイメージですねえ。

最後の、100に聞いた事を聞く人?は車のイメージキャラクターもやっていたのですね。そしてよくわからんのが、キャンギャルの選考基準..。
小野みゆきは、戦国時代の自衛隊員を撃ち、堀川まゆみはRX7からうれしそうに発砲していたのに~。わたしゃあこの二人は銃を撃つ女の印象しかありません!
[ 2012/05/12 22:22 ] luxe37 [ 編集 ]
> 何やらすごく濃いブツを...当時の日産小型セダンに、特集してヨイショする所なんてあったんでしょうか??っていうくらいの、平凡な印象しか私にはありませんねえ。別冊で出すくらいですから、さぞや提灯なんざんしょ...。

今に続くモーターファンの「〇〇のすべて」の第4弾なんです。新車が出るとすぐ出版されるやつです。
内容や総ページ数は今と変わりませんが、記事は26ページだけで、残り全ページは3台の縮刷カタログに(笑)
まだ「〇〇のすべて」が出たてだったんで、なるべく多くの種類を出したかったのでは?と推測しています。

> ダイヤペットのクラウンは、持っていましたね。なぜかリアランプが、雛壇の様に(4HTと間違えた?)なっておりました。

そうなんです、なぜかテールランプがスラントしてるんですよ。
で、ヘッドライトはブルーだし、細部は疑問符ばかりの作りです(笑)

430HTパトは、劇用ではぐれ刑事かなんかに出ていたような??たしか散光灯が少し後側に取り付けてありカッコ悪いなあ...何て思って見てました。

430HTのパトカーは東映の劇用車だったと思います。刑事ドラマや特撮で使われていた記憶があります。
余談ですが、散光灯は高いので、東映はスタント用には角材を赤く塗ってごまかしてたとか(笑)

マツダアスティナという車種は、初めて見聞きしました。リトラクタブル型ヘッドライトのミニカーで、ボンネットが開閉できるタイプだと、不思議とボンネットの浮きが目立ってしまうようですね。

アスティナは7代目ファミリアの5ドアHBですね。というより、4ドアクーペらしいそうで。
今でもなかなかのスタイルだと思うんですが、地味な存在でした。後継車はランティスになりました。
ダイヤペットのアスティナはドアのチリが悪いので、全体的に損をしているような気がします。

ギャランセダン...良いなあ...TLVで出て欲しい一台です。(本当は、ドア開閉機構や彫刻によるエンブレム再現のある当時のトミカクオリティで、色替えやホイール変えなんかも楽しみたいんですがね)

ギャランΣ、1/64スケールで是非とも欲しい1台ですね。TLVに期待したいところです。
やっぱり、LUXEさんなら動画で覆面車や白パトに採用するんだろうなあ、と思っちゃいますね(笑)

> ダンディは直線的でしっかりと、ダイヤペットはなんとなく曲線的で柔らかさや重みがわかる感じでしょうか。
> 当時から、そんなイメージですねえ。

ダンディは本家トミカ以上にシャープで実車に忠実な車種もあって、今見てもいいんですよねえ。
ダイヤペットは複数の工場で開発してたそうで、車種によって出来にバラつきがありますね。

> 最後の、100に聞いた事を聞く人?は車のイメージキャラクターもやっていたのですね。そしてよくわからんのが、キャンギャルの選考基準..。
> 小野みゆきは、戦国時代の自衛隊員を撃ち、堀川まゆみはRX7からうれしそうに発砲していたのに~。わたしゃあこの二人は銃を撃つ女の印象しかありません!

関口宏&西田佐知子夫妻が3代目サニーのイメキャラだったのは知ってたんですが、スタンザとは意外で(笑)
サニー店のキャンギャルは当時のCMキャラの代表を集めたんでしょうか?
堀川まゆみ&小野みゆきはなんとも濃い組み合わせですよねえ。
小野みゆきなんて、とんねるずの番組でデビルマンのコントをやっていたイメージが強いですし(笑)

[ 2012/05/13 01:42 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/82-c33e7c6b

宿で休息しながら女将夫婦と話していると、主人も最初はこの秘境に探検に来たと言う。そして秘境を探るうち、その魅力に取りつかれ、そのまま居ついてしまったというのだ。主人もま...
[2012/05/12 03:48] まとめwoネタ速neo