3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

またまた日本祭 

77年8月 スカイラインGT-E・X
77年8月 スカイラインGT-E・X
77年8月 スカイラインGT-E・L
77年8月 スカイラインGT-E・L



TLVNのスカイラインジャパンだけど、ネットetc.の意見を拾ってもかなり好評の様子。
そうなると、やっぱり気になるのは本家トミカのジャパンHTとの違い。
以前に“日本祭”と銘打ち、トミカのジャパンを少し紹介したけど、ここは並べてみないと!

TLVNとの比較だし、並べるのはやっぱり
TL スカイライン2000GT-ES
TL スカイライン2000GT-ES
トミカリミテッド スカイライン2000GT-ES 1/65

丸4灯→角目に改修→新規で丸4灯、という風に近年作られたフロントマスクは雰囲気よさげ。
色差しも抜かりなく仕上げられているので、TLVNともがっぷり四つの勝負かも?
TLVN スカイライン2000GT TL スカイライン2000GT-ES



TL スカイライン2000GT-ES
TLVN スカイライン2000GT
TL スカイライン2000GT-ES
TLVN スカイライン2000GT
こうやって画像だけを比べてみると、トミカはナンバーの厚みが不自然な程度だけど
TLVN スカイライン2000GT TL スカイライン2000GT-ES
TLVN スカイライン2000GT TL スカイライン2000GT-ES
並べてみると、スケールの違いを差し引いても、TLの幅が狭いのがわかる。
パーツの構造上、フロントマスクのモールがボディの内側に入ってしまうのが理由だろう。
とはいえ、全体的なまとまりは決して悪くない。

リアはHTとセダンだからボディの比較はできないけど、造形&ディテールをチェ~ック!
TL スカイライン2000GT-ES
TLVN スカイライン2000GT
TL スカイライン2000GT-ES
TLVN スカイライン2000GT
以前は気にならなかったが、TLはトランクの尻下がりラインが少々急に見える。

参考画像:スカイライン2000GT-E・S
77年8月 スカイラインGT-E・S

TLVN スカイライン2000GT TL スカイライン2000GT-ES
TLVN スカイライン2000GT TL スカイライン2000GT-ES
リアパネルは別パーツを用いたTLVNの圧勝。TLもジャパンの前期型とわかるのはさすが。

TL スカイライン2000GT-ES
TLVN スカイライン2000GT
設計年次を考えれば、トミカの造形の良さが引き立つ。でもリアホイールアーチは惜しい。
また、TL共通の大径タイヤ&ホイールも勿体ないポイント。

TLVN スカイライン2000GT TL スカイライン2000GT-ES
1/64と1/65なので、やっぱりTLの全長は少しばかり短い。

あれこれ言いつつ、ほぼ同スケールのスカイラインのセダンとHTが揃うのはイイよね!
TLVN スカイライン2000GT TL スカイライン2000GT-ES
スポンサーサイト
[ 2015/10/19 09:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
ドラさん、こんばんは。
バタバタとやっていて寒くなって来たな〜と思っていたら、祭が開催中でしたか。
セダン党が密かに(おおっぴらに?)待っていた、スカGジャパンですが
買って来て眺めていますが、いや〜雰囲気を良くつかんでいますね〜コレ。
久しぶりの待っていたセダンですから、妙にニンマリしています。
比較されてるTL版の車幅の狭さも、アオシマベースでセダン化するときから
「グリルの幅がおかしくないか〜」と思っていたモンですから(型取りして嵌めると
ガバガバ笑)納得の狭さで。バンパーはほぼ同じ大きさですからね〜。
後期モデルでいうならスカGとラングレーくらいの車格差があるように感じますよ。
ご指摘のリアホイールアーチも、なんとか出来なかったのでしょうかね〜。
コレより前のハコスカやケンメリは再現されていただけに。。。惜しい〜。
そしてホイールです。TLVが発表した時には墨入れされていなかっただけに
おう〜コレコレ!と喜んでしまいました...が、塗装が適当ですな〜。
でも、やらないよりやった方が良いと思うので、これから墨入れが
標準になれば良いのですが。
はみ出しまくりで、いままでやらなかったのがよくわかりましたヨ。
やはり技術的な問題だったんですね。(カローラセダン等飾り穴の墨入れは
あったんで、それより細かいと難しいでしょうね〜)
TL版のホイール(タイヤ)は1/60あたりの大きさに合わせた所為で、他車種でも
違和感を覚えるものばかりで、残念ですよね。
そうそう、掲示板にボディカラーの白が、白すぎる(ピュアホワイト?)という
指摘がありましたが、箱絵を見るとアイボリーですよねえ〜何か納得しました。

後はパトカー仕様が出るのを待つとしましょう...。
[ 2015/10/22 00:06 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

秋も深まり、日中は温暖でも夜は結構冷え込みますね。
あと10日もすれば11月だし、もう秋本番なんですよねえ…

祭と銘打つ割にネタは大してなかったんですが、久々に祭でも悪くないかと(笑)
そして、LUXEさんもジャパンセダンを買われましたか~!
モデル化が不遇だったジャパンセダンですが、フジミと合わせ、一気にトップに躍り出た印象ですね。
過去の1/24や1/43アンチモニーでは再現しきれなかったバランスも、かなり気を配ってるなと。
買っても損はない出来ですし、眺めてはニンマリするのも同じ(笑)

TL(トミカ)のジャパンHT、1/65と表記しつつ、他社の1/64とほぼ同寸なんですよね。
もっとも他社は全て後期型なので、前期型のグリル幅の違和感に気付きにくくて…
アオシマのグラチャンのジャパン4ドアは前期型グリル+角目4灯のイレギュラーマスクでしたし。
実は私もグラチャン4ドアのジャンクを持ってるので、いつか型取りで純正マスクを…と思ってました(笑)

R30スカイラインまでのHTは、Rホイールアーチ周辺もスタイル上のポイントなんですよね。
トミカはサイドスタイルは悪くないのに、ホイールアーチだけ気が抜けちゃったようで(次のR30もちょっと…)
まあ、当時物でもダイヤペットやバンダイ1/20、LSやアオシマの1/24も似たり寄ったりですねえ(笑)
さらににTL共通の大径ホイールだから、造形が余計に目立ってしまうというのがなんとも皮肉で。
TLはTLVに比べてもホイールの出来が良かったので、TLでジャパンのホイールも見たかったなあと。

以前からLUXEさんが指摘されてたおかげ?か、TLVNもホイールに墨入れをするようになりましたね。
おっしゃる通り、大味というか、ちょいと適当なのがたまにキズですが(笑)
しかし、墨入れでグッと足元が引き締まって見えますし、これからも続けてほしいところです。

ジャパンのホワイト、当時の日本車の中では比較的純白っぽい色だった印象があるんですよね。
多少の思い出補正もあると思うんですが、他社のアイボリーやクリームホワイトより白かった気が。
担当者も同じような印象があったのか?と思ったんですが、再塗装車を取材した可能性も?
TLVNのHPにも実車を立体スキャンとありますし、だとすれば可能性は大いにありそうです。

前回のコメ返にも貼ったブログですが、前期型が警視庁Ver.、後期型が宮城県警Ver.のようで。
http://ameblo.jp/digitamin/entry-12078569800.html

リリースはどうやら来年3月予定で、あみあみ楽天市場では早くも予約受付してます。
http://item.rakuten.co.jp/amiami/toy-scl2-51847/

後期型は散光式ライトの位置がちょっと気になるような…
[ 2015/10/22 02:33 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する