3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

もっと日本祭 

スカイラインジャパン セダン
スカイラインジャパン セダン


今回も再びTLVNのスカイラインジャパンを使っての比較なぞ、つらつらと書いてみたい。
3吋~1/64のモデル化に恵まれてないジャパンセダンだけど、あるにはあったんですよ。

それがこれ
アオシマ ジャパン4ドア
アオシマ ジャパン4ドア
アオシマ グラチャンコレクション ジャパン4ドア 1/64

このジャパンは紹介済みのタッカーのレガシィやコナミのソアラクラウンetc.と一緒に入手。
新品はワイドホイールやリアウイング付きだけど、当ジャンクヤード所有車は見事なジャンク。
ま、ジャンクセットの中の1台だったから、まったくもってフレーズに偽りなしでR
でもって、さすがにホイールがないと比較もできないので、トミカのホイールを装着してみた。

グラチャンコレクション、中古品でも結構な値がするのよねえ…
アオシマ グラチャンコレクション パッケージ裏

さて、結果は如何に?
TLVN スカイライン2000GT アオシマ ジャパン4ドア


アオシマ ジャパン4ドア
TLVN スカイライン2000GT
アオシマ ジャパン4ドア
TLVN スカイライン2000GT
TLVN スカイライン2000GT アオシマ ジャパン4ドア
TLVN スカイライン2000GT アオシマ ジャパン4ドア
角目4灯で前オーナー?がバンパーを黒く塗ったためにわかりにくいが、グラコレも前期型。
並べてみると、ハニカムグリルやフロントマスクの雰囲気など、グラコレもなかなかイイ感じ。

アオシマ ジャパン4ドア
TLVN スカイライン2000GT
アオシマ ジャパン4ドア
TLVN スカイライン2000GT
TLVN スカイライン2000GT アオシマ ジャパン4ドア
TLVN スカイライン2000GT アオシマ ジャパン4ドア
リアは完全にTLVNに軍配。パネルに対して小さいランプ、トランクリッドの厚みetc.
というか、前期型だったらリアパネルはシルバーorグレーじゃないと!

このウィークポイント、どこかで見た記憶が…と思いつつ、サイドスタイルを見れば
アオシマ ジャパン4ドア
TLVN スカイライン2000GT
妙に分厚いロワーボディ、丸いAピラーとルーフの接合部、角度が急なリアサイドウインドー
これはアオシマの1/24のジャパンセダンと全く同じじゃないの~!
まあ、自社に1/24があれば、それを参考にするのは当然の帰結なんだろうけど…
でもって、そのイマイチな1/24のボディを必死に修正しようとする大バカ者もいたりして…

TLVN スカイライン2000GT アオシマ ジャパン4ドア
上から見ると、前後幅には大差がないものの、アオシマの方はボディ中央部が膨らみ気味。

もっとも、TLVNからはノーマルしか出ないだろうし、改造車派には悪くないチョイスのはず。
TLVN スカイライン2000GT アオシマ ジャパン4ドア
スポンサーサイト
[ 2015/10/24 09:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
記事前回共に読ませていただきました。
"またまた○○祭"ときてまさかのけいおん!の20話の事で、次は無いかと心配したら次の記事を書いて頂きありがたい限り(普通に考えてあぶ刑事)

たしか同シリーズで、c130ローレルの破状してたプロポーションは治ってた(以前レビューされてましたよね?!)のにジャパンは戻らずじまいですか…
プラモもミニカーもこのアオシマのジャパン、独特の雰囲気が"スカイラインジャパン"に似てないという皮肉でもなく、どの国の車か困惑するデザインです。

プラモでアオシマのやつ必死に修正しようとした大バカ者ならここにも居まして、前期のハンドル欲しさに買ってせっかくだからボディプロポーション治そうとしてまず屋根の高さだとCピラーをニッパーでぶった切ったところで即挫折。せめて元に戻そうとリカバリーにパテでcピラーの削ったところで鬱になり、三菱のギャランΣに似てると感じる幻覚を発祥。サーフィンラインを破壊してドアモールの凹みを作り「人はこれならシグマと呼べる」と大喜びで現在放置プレイです。

あんまり関係無いのですが、どうしてアオシマグラチャンシリーズって人気高いんでしょうかね?絶対ノーマルのほうがええのに…
[ 2015/10/24 16:50 ] ryoppi39 [ 編集 ]
こんばんは、りょうさん

タイトルですが、どうもアイデアが浮かばなかったので、あぶない刑事からいただきました。
アニメは基本的にBGM代わりに流し見程度なので、タイトルまでは不勉強で…

1/64グラチャンコレクションのローレルのレビュー、今から3年半ほど前ですね。
http://minimodel.blog.fc2.com/blog-entry-156.html

おっしゃる通り、1/24ではファストバックだったCピラー~トランクに僅かなノッチが付いてますね。
おかげでリアのボリューム感が少し薄れ、実車に近い造形になったようです。

アオシマのジャパン、そこまでひどくはないんじゃない?(笑)とは思いますが、現代の目では…で。
1/24のセダンは子供の時分から何台か作りましたが、当時はこんなものかなぁと思ってました。
もっとも、130ローレルとは別のチームが担当したそうで、チューニングカーシリーズではブサイクですね。
デカいフロントマスク、鈍重なプロポーション、いい加減なドアの内張りは子供の目にもまるわかり(笑)

りょうさんもアオシマのジャパンセダンを修正中でしたか。
ハードルは高そうですが、是非Σorジャパンセダンとして完成させてあげてください。
プロポーションはダメダメですが、作ってみると、意外と味わいがあるキットですし(笑)
それに改造用のベースと割り切れば、色々と使い道があるかも?

グラコレ人気ですが、1/64に限っていえば、裏板がネジ留めなのも理由じゃないかと。
カシメと違ってすぐに裏板を外せ、ホイールを1/64の他車に流用できますし。
さらに231ローレルや330セドリックHTは他メーカーからリリースされてないというのが大きいのでは?
1/24の方は改造パーツが色々入ってたり、改造車好きからの支持が高いのもありそうですね。
[ 2015/10/25 01:40 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する