3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

いまだに色あせず 

ダイヤペット クラウン2800
ダイヤペット ニュークラウンロイヤルサルーン 1/40

クラウンは数ある日本車の中でも歴史が長いため、大小問わず、多くモデル化されている。
当然、同じタイプが複数のメーカーからリリースされることもあり、メーカーの特徴がつかみやすい。
複数の協力工場が金型を作っていたダイヤペットは、トミカに比べて出来にバラつきが多かった。
昨日はトミカだったので、今日はダイヤペットのS110型クラウンを取り上げてみたい。
さて、その出来やいかに?




ダイヤペット クラウン2800 フロント
トミカでは省略されたグリルモールなども再現され、よりクラウンらしいフロントマスクに。
しかし、ヘッドライトがブルーというのはどういうことなんだろう?
ダイヤペット クラウン2800 リア
LUXEさんのコメントにもあったように、テールランプの形状はHTのようでまるで似ていない。
しかし、1/40というスケールを活かして全体的な再現度を高めている。
ダイヤペット クラウン2800 サイド
トミカと同じようなデフォルメがされているが、各ピラーの細さのためか、こちらは少し華奢な印象。
ホイールは専用品だったと思うが、タイヤが小さいうえにロイヤルサルーンのものには似ていない。

さて、バリエーションの消防広報車と一緒にパチリ
ダイヤペット クラウン2800 バリ
クラウンの消防司令車は、トミカのクラウンにもバリエーションがあった(S80型まで)


以前から定期的に再販をしていたトミカに対し、ダイヤペットは再販が皆無。
・1/43サイズが主流の現在では、1/40スケールは中途半端で、さほど精密でもない。
・今のダイヤペットは働く車メインで、乗用車のラインナップはない(パトカーとタクシーはある)。
・米澤玩具→セガトイズ→アガツマと扱い会社が転々としてきた。

しかし、サンバーWR BLUE LIMITEDを1000台限定で予約販売するなど、決して停滞してはいない。
大人向けの精密なミニカーに対し、子供向け玩具というポジションを守り続けるダイヤペット。
しかし、トミカ以上の豊富な車種、再現度、重量感、どれをとっても魅力があふれている。
昔のダイヤペットのミニカーの再販も是非お願いしたいところだ。
スポンサーサイト
[ 2012/05/17 06:00 ] ダイヤペット | TB(1) | CM(2)
このミニカーは、ダイヤとクラウン(王冠)という贅沢な組み合わせですが、出来は残念です(笑)。ヘッドライトがブルーというのは、クリアパーツをウインドウと一緒の型にしたんでしょうが、なぜ透明で良い物をブルーにしたのか...クリアブルー樹脂が余っていたんですかねえ??。しかも、トミカと一緒でバンパーがボディと同色でなくメッキ...。これも変です。救いはトランクに薄らとあると思われるエンブレムぐらいでしょうか。シルバーで塗る分けると良い感じになるかも?。今後のダイヤペットは、都営バスや日野の救助工作車の様に、1/64(1/60ぐらいでも)で色々と出していただくと(嬉)、財布の紐がガバガバに緩くなるんですがねえ。それもTLVのリアル路線ではなく、玩具と模型の間ぐらいのギミック有りで。ラインナップはもちろんTHE昭和!!(笑)
[ 2012/05/17 22:52 ] luxe37 [ 編集 ]
> このミニカーは、ダイヤとクラウン(王冠)という贅沢な組み合わせですが、出来は残念です(笑)。ヘッドライトがブルーというのは、クリアパーツをウインドウと一緒の型にしたんでしょうが、なぜ透明で良い物をブルーにしたのか...クリアブルー樹脂が余っていたんですかねえ??。

おお、ライトとウインドウの関係、言われるまで気づいていませんでした!
全体的に出来はちょっとなあ…って思っちゃいますね。
ブルー=高級感という発想で、豪華に見せたかったんでしょうかね?
1代前の80型クラウンもダイヤペットは変なんですよね。後期型はフロント、リアともにHTだし(笑)

しかも、トミカと一緒でバンパーがボディと同色でなくメッキ...。これも変です。救いはトランクに薄らとあると思われるエンブレムぐらいでしょうか。シルバーで塗る分けると良い感じになるかも?。

フロント、リアバンパーとも、プラパーツで作られた別部品なのにメッキというのも謎です。
ダイヤペットの担当者は3ナンバーと5ナンバーがごっちゃになってたとしか(笑)
とはいえ、スケールを活かした細かい彫刻などはダイヤペットの魅力かと。
黒一色ながら、室内もしっかり作られているなあと子供のころから思っていました。

今後のダイヤペットは、都営バスや日野の救助工作車の様に、1/64(1/60ぐらいでも)で色々と出していただくと(嬉)、財布の紐がガバガバに緩くなるんですがねえ。それもTLVのリアル路線ではなく、玩具と模型の間ぐらいのギミック有りで。ラインナップはもちろんTHE昭和!!(笑)

昔からダイヤペットのバスやトラックはトミカと近いスケールでしたね。
少々おもちゃっぽいけれど、トミカと並べるとグッと実感が高まりますし、重厚感はさすがで。
今もラインナップにバスはありますが、ややリアル路線寄りなようです。
ダイヤペット復活のカギは、やはり小スケールにあり!でしょうか?(笑)
[ 2012/05/19 01:11 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/86-13115036

ダイヤペット ニュークラウンロイヤルサルーン 1/40クラウンは数ある日本車の中でも歴史が長いため、大小問わず、多くモデル化されている。当然、同じタイプが複数のメーカーから
[2012/05/19 02:30] まとめwoネタ速neo