3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

旧車天国2015 その14 

旧車天国2015
旧車天国2015
旧車天国2015


残すところあとわずかとなった旧車天国2015レポだけど、まだまだネタはあるのよ。
ご覧の通り、ハイレベルなプラモデルの改造作品が展示してあり、管理人は釘づけに。
いずれも素晴らしい仕上がりで、技量もセンスも管理人なんて逆立ちしたって敵わないわ~
と同時に、プラモデルを作りたくなってきちゃったのねん。ま、当分は無理っぽだけど…

さて、何故トップにプラモデルを持ってきたのかといえば、展示されていた場所に理由あり!
旧車天国2015
それは…


クラウン
クラウン
クラウンのボディだったからなの!昔は街の至る所で見かけた120クラウンも減ったよねえ。

というわけで、今回は歴代クラウンを一挙紹介。
マスターライン
マスターライン
歴代クラウンと言いながら、いきなりクラウンじゃなくてマスターライン。
でも商用車だけに、初代クラウン以上に貴重な存在だと思ふ

クラウン
初期型デラックスのトヨグライド仕様。フロントは不覚にも撮り忘れ。
クラウン
65年7月のMCで車幅灯がバンパーに移動している
クラウン
クラウン
タクシー仕様のスタンダード
クラウン
グリルのデザインが違うだけなのに、与える印象も大きく違っている。

クラウン
クラウン
S50クラウン。約50年も前の車なのに、スタイルに現代的なテイストが感じられるのがイイ!
クラウン
クラウン
後期型もエントリーしてるし
クラウンHT
クラウンHT
クラウンHT
HTもエントリーしてるし
クラウンカスタム
クラウンカスタム
カスタムもエントリーしてるし、S50クラウンって意外に旧車の定番車種なのかも?

クラウン
クラウン
以前、OT誌で取り上げられていた気がするクジラクラウン。若い女性オーナーだったはず
クラウン
クラウン
こちらもOT誌で取り上げられていたクジラクラウン。
クジラクラウンのオーナーズクラブの会長がオーナーだったような?
クラウンHT
クラウンHT
今の車が束になっても勝てないカッコよさのクジラHT。なのに、何故TLVNから出ないのか?

でさ、このクジラHTだけど
旧車天国2015
不人気旧車會からのエントリーだそうで
クラウン
クラウンHT
クラウンファンが泣いて喜びそうな新旧ツーショットが実現。この4ドアHTも2013NYM以来。

もちろんピラードHTだけじゃなく
クラウン
クラウン
クラウンセダン
クラウンHT
クラウンHT
2ドアHT
クラウンバン
クラウンバン
ワゴンと、これまたクラウンファンが泣いて喜びそうなラインナップ。

クラウン
レアなツートンカラーの鬼クラ。5ナンバーというのがポイント

つづく
スポンサーサイト
[ 2016/03/29 09:00 ] イベント | TB(0) | CM(8)
この方、とてもハイレベルなプラモデルを制作されてますよね!!
910ブルーバード4HTなんかは内装こそタミヤの複製品(確か)だそうですが、ボディはアオシマシルエットのみで作ったそうです 。
ヨンメリとニコイチのガメラローレルは私もおおよそ同じ方法で作った事があり、親近感を感じる一方で私もまだまだなのだなと…

クラウンも意外とカスタム人気が多いのか改めてまとめられるといっぱいいましたね…ミラーがフェンダー取っ払ってドアに付けられてるのとかはカスタムだから興味無いとスルーしていただけに同じ会場にいながら感じる印象が違います…
[ 2016/03/30 16:56 ] ryoppi39 [ 編集 ]
こんばんは、りょうさん

ここに展示されていたプラモデルはいずれもハイレベルなものばかりでしたね。
ブルーバードはアオシマのスーパーシルエットベースでしたか~
ハイレベル過ぎて、元からキットが存在していたような仕上がりですねえ。

ヨンメリ+ローレルHTでローレルセダンは私も前から考えてましたが、実際には結構大変そうで…
なので、この作例を作った方もりょうさんも尊敬です。

アメリカンなカスタムというとセド/グロが浮かびますが、実はクラウンの方が向いてる気がします。
完全にアメ車を取り込んだセド/グロに対し、クラウンは和風テイストなのにマッチングがイイようで。

旧車イベントに行くと、車の画像データを作るためにひたすら撮影をしてまして。
旧車天国2015では2時間半で700枚+αでした。そりゃ、バッテリーも切れるわなあ…と
なので、りょうさんみたいにイベントを楽しめてないような気もします…
[ 2016/04/01 00:06 ] ドラゴン [ 編集 ]
わたくしの作品、車両をアップして下さり嬉しい限りです。コメントを寄せてくださった方々もありがとうございます。製作の励みになります。パソコンが苦手でしかもガラケーなのでアナログな方法でしか世の中にアピールできないので助かります。またイベントにいらっしゃる時はお声かけ下さい。ここのところクラウンの修理に追われていましたが、模型もやる気が出ました!
[ 2016/07/10 09:53 ] ミツハシオートワークス [ 編集 ]
ミツハシオートワークス様

はじめまして。当ブログ管理人のドラゴンと申します。

あのハイレベルな作例はミツハシオートワークスさんが作られたものだったんですね!
いずれも素晴らしい出来栄えで、撮影前にしばらく見とれて眺めていたんですよ。
私も積みプラを同じくらいに仕上げてみたいと思いましたが、とてもとても無理だなあと。
頭の中で空想モデリングはしても、形にしたうえでキッチリ仕上げるのはなかなか至難の業ですし。
しかも自然なフィニッシュだったので、絶対ブログに載せようと思いまして。

さらにあの綺麗なクラウンもミツハシオートワークスさんの愛車だったとは!
子供の頃、120クラウンを見るたびに豪華だなあ…と思っていました。
一度だけ親戚のクラウンに乗せてもらいましたが、柔らかい乗り心地に高級感を感じたのを覚えています。
修理に追われていたということは、まだまだこれからも現役バリバリですね。嬉しいです。

実は私もガラケー派で、あと10年はガラケー生活を送りたいと思っていまして(笑)
これだけの腕をお持ちなのに、アピール方法が限られるのは大変もったいないですね。
またイベントでお見かけしましたら、是非とも声を掛けさせていただきます!
その際はクラウン&作例も撮影して、再びブログにアップさせていただければと思います。

拙いブログですが、今後ともよろしくお願いします
[ 2016/07/11 02:17 ] ドラゴン [ 編集 ]
プラモ制作が復活したのは仲良しだった二歳年上のいとこ、米山伸一が五年前のお盆の13日にCB750FOURで事故にあい9月2日に亡くなったのがきっかけなんです。あれはプラモと言うより仏像なんです。私の人生に大きな影響を与えた伸ちゃんは私がヤングオートに投稿して掲載されたイラストや改造したプラモ、手に入れた旧車、全てほめてくれました。単車の操縦法もひと気の無い本牧埠頭でKH250で教えてくれました。なので40代半ば以上の兄貴世代の方々に「こんなの居たよね!」と言っていただけるとたまらなくうれしいのです。この車種はこうだ!と、気分が盛り上がらないと進まないのですが、次回は新作を見ていただきたいです。ドラゴン様も是非作って下さい!20年前より材料も道具も全く良くなって思い通りの物ができますよ。クラウンは小山の「迎えに行くぜ」が高校時代の憧れですが、ノーマルで維持するだけでイッパイイッパイです。勝手な文章、どうかお許し下さい。
[ 2016/07/11 19:34 ] ミツハシオートワークス [ 編集 ]
こんばんは、ミツハシオートワークスさん

ミツハシオートワークスさんのプラモ製作には深いご事情があったんですね。

ほんの少し年上で全てを認めてくれる存在は心理的・精神的にも大きな安心を感じますよね~
また、認めてもらえることで自分自身の成長をも感じたり。
米山さんはミツハシオートワークスさんにとっては導きの師匠というところでしょうか。
そして、米山さんのためにプラモを再開したミツハシオートワークスさんは心の相棒でもありますね。
なるほど、じっくり丁寧に作りこまれている理由がわかったような気がします。

私もそろそろプラモ作りを再開しようかなあ…と思い始めてまして。
3吋ミニカーにハマる前は力を入れてたんですが、いかんせん腕もイマイチだし、気まぐれで(笑)
なので、ミツハシオートワークスさんの新作は是非とも拝見して、創作意欲を刺激したいなと。

120クラウン、社外エアロ装着車も昔は多く見かけましたね~
でも、今では30年車になるんですよねえ。個人的には比較的最近の車という印象なんですが…
最近はノーマルの方が見かける機会が減ってきましたし、大切に乗ってあげてくださいませ。
[ 2016/07/12 01:53 ] ドラゴン [ 編集 ]
ご無沙汰しております。10月16日のところざわ自動車学校の旧車イベントのスワップミートにエントリーしました。もしよろしかったらおいで下さい。去年から作品はあまり増えておりませんが、皆様と旧車や模型のお話ができたら大変うれしいです。よろしくお願いします。
[ 2016/10/10 08:26 ] ミツハシオートワークス [ 編集 ]
こんばんは、ミツハシオートワークスさん

イベント参加のご連絡、ありがとうございます。

今のところ、行けるかどうか微妙ですが、もし行ければ是非お声をかけさせていただきます。
私も以前から旧車オーナーの方やモデラーの方とお話してみたいと思っておりました。
特にミツハシオートワークスさんの作例はいずれもハイレベルですし、クラウンにも興味があります。

※当ブログをご覧の方で興味のある方も是非ご参加くださいませ!

http://www.tokorozawa-classiccarclub.jp/festival-info.htm
[ 2016/10/11 01:01 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する