3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

流面形、比較さる 

DISM TL コナミ セリカGT-R


プチ流面形セリカ祭はまだ続いているのよ!
今回は64、58、43の各スケールの流面形を比べてみようという、当ブログの定番ネタ。
流面形セリカ好きということもあり、甘々なレビューが続いたけど、今回は厳しい目で見るわ!
発売はトミカが86年5月、コナミは06年6月、DISMも06年の3月と、20年の開きがあるのねん。
その差も考慮しつつ、今回はビシビシ行ってみまひょ!


コナミ セリカGT-R
トミカリミテッド セリカ 2000GT-R
DISM セリカGT-R
コナミ セリカGT-R
トミカリミテッド セリカ 2000GT-R
DISM セリカGT-R
幅広なコナミ、丸みを強調するトミカ、シャープなDISMと、三者三様の作風が反映している。
独特なスタイル&フロントマスクのおかげか、いずれも違和感を感じさせない造り。

コナミ セリカGT-R
トミカリミテッド セリカ 2000GT-R
DISM セリカGT-R
コナミ セリカGT-R
トミカリミテッド セリカ 2000GT-R
DISM セリカGT-R
コナミは絞り込み不足、トミカはボリューム過剰、スマートなDISMはボリュームが不足気味。
フロントと違い、リアは3台とも一長一短といったところか。

セリカ 2000GT-R
コナミ セリカGT-R
トミカリミテッド セリカ 2000GT-R
DISM セリカGT-R
全体のフォルムは新しいDISMに分が。しかし、コナミもトミカもツボは外してないのがわかる。

セリカファンはもちろん、ミニカーファンにもおススメしたいわ~
DISM TL コナミ セリカGT-R
厳しく云々言ってはみたけど、どれもお気に入りだしさ~
スポンサーサイト
[ 2016/10/26 01:00 ] 3吋比較 | TB(0) | CM(2)
・・・1/64スケールのCM'sのWRC仕様なら、
1台持ってます、ハイ。
 それでもって、Marlboroロゴデカールを使用し、タイヤ&ホイールは同じCM'sのランエボⅥ・WRCニュージーランドラリー仕様のものに替えました(コレ、ブラインドボックスものではよくある「ダブッた」やつから部品取りしました。ランエボⅥは別途持ってます)
 この「流面形」比較の企画にもCM'sが出てくるかな、と思っていましたが、少々意外でした。(ひょっとして、市販車仕様じゃないから?)でも、CM'sも、値段の割には「損した感が少ない」(by三本和彦氏)、コストパォーマンスに優れたモノだと個人的には思っております(それだけに、倒産したのが残念)。
 さて、管理人さまの次なる比較企画は、ひょっとして1/64アオシマ(スカイネット)VSトミーテック(TLVN)の「横浜港署」F31レパード対決、でしょうか(笑)
ではまた。
 
[ 2016/10/27 00:18 ] Ayrton Shina [ 編集 ]
こんばんは、Ayrton Shinaさん

祭の企画を立てた時はCm'sの流面形セリカも考えたんですが、現時点では未入手のままです。
Cm'sは好きなんですが、おっしゃる通り市販車Ver.ではないのがどうもイマイチ。
バイオレットやファミリアみたいに唯一のモデルなら入手しましたが、なぜか手元にコナミがあり(笑)
でもって、Cm'sが倒産してなければ、スバコレでレオーネetc.も出てたはずなんですよね…

次なる比較ですか~ 実はいまだにTLVNの港303&港3は持ってないんですよ(笑)
バリ展のおかげか、最近は量販店でも在庫アリだし、オクの相場も下がりつつありますね。
そろそろ…とは思ってるんですが、ちょっと違う方向に力を入れてまして。
そのあたりは次回の講釈で、ってことはなく、そのうち記事にする予定です(笑)
[ 2016/10/28 01:06 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する