3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

流面形、再発見さる 

石原さとみ


バタバタしているうちに、前回の更新から2週間が経っちゃってるじゃないの~!
おまけにもう11月じゃん!2016年もあと2ヶ月を切ったのねえ…
でも、管理人はまだ石原さとみとの結婚を諦めてないのよ!意地でも電撃入籍するもんね!
嗚呼、一体どこに行ったらさとみと出会えるのかしら…

さてさて、管理人の恋バナは置いといて、流面形セリカのプチ祭をきっちり〆とかないと。
これまで1/64、1/58、1/43ミニカーを紹介&比較してきたけど、今回はプラモデル。

流面形セリカのプラモデルでメジャーなのはなんといってもタミヤの1/24でしょ。
タミヤ セリカ 2000GT-R
タミヤ セリカ 2000GT-R
これは高校3年の頃に作ったもの。当時はよくできた!と満足だったが、今見ると汚い…
ちなみに田宮模型の作例は
タミヤモデラーズギャラリー2015
ホイールの塗装こそ省略されているけど、きれいに仕上がってるよね。

タミヤの流面形セリカは実車のデビューから4か月+αの早さで発売された記憶がある。
というのも86年の正月、家族で熊本旅行に行った際、おもちゃ屋の店頭で見かけ、一目ボレ。
そこでは買わなかったが、旅行コースの神社でタミヤのセリカが買えますように!と祈願。
その甲斐あってか、すぐに買って組み立てたのよねん。

で、もう一つ祈願したのは「斉藤由貴と結婚できますように!」
あの頃、斉藤由貴が好きでさ~。小坊なのに部屋に貰ったポスターを貼ってたりして。
嗚呼、成長するって一体どういうことなの?ねえ神様、おせーておせーて!

おっと、タミヤ以外にもプラモがあったよね?えっ?アオシマ-BEEMAX?
ノンノン、ロードゴーイングVer.のあれですよ…
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
太陽にほえろ!
早速、セリカに乗って探索へGO!


フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R 1/48

そう、フジミの1/48シリーズですよ!今ではすっかり忘れられた存在だけど、出来はイイ!
画像で検索してもあまりヒットしないのがもったいないくらいだわさ。
たしか、今は無き恵比寿のミスタークラフトで袋詰めの投げ売り、価格は0.1Kとお買い得。

上記の通り、箱はなかったので、拾い画をどうぞ
フジミ セリカ 2.0GT-R
この1/48シリーズは1/24インチアップシリーズになかった車種があるのがポイント。

で、キット全体はこんな感じ(のはず)
フジミ セリカ 2.0GT-R
組立説明書もなかったけど、作るのは簡単そう。作らないけど

ボディは
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
Fオーバーハングはやや長く、Rオーバーハングは逆に短い気もするが、全体的にはイイ!
パテは買ったときから既に盛ってあり、そのままにしている。

ミニカーと違い、小さくてもリアスポイラーは別パーツ
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R

シャーシはランナーと一体になっている。
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
前輪(右)はシャフト、後輪(左)はプルバックモーターを載せる

抜けてはいないものの、よく出来たホイール
フジミ セリカ 2.0GT-R

ダッシュボード&リアシート
フジミ セリカ 2.0GT-R

ステアリング&コンソール&フロントシート
フジミ セリカ 2.0GT-R

ウインドーとテールランプはクリアーパーツ
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R

このキットのオプションなのか、別のキットのものなのかは不明だけど
フジミ セリカ 2.0GT-R
セリカにはあまり似合わないような気も…

タイヤとシャフト、プルバックモーター
フジミ セリカ 2.0GT-R
フジミ セリカ 2.0GT-R


当ブログ初の1/48だけど、どれくらいの大きさなんざんしょ?まずはDISM1/43と並べてみる
フジミ DISM セリカ 2.0GT-R
フジミ DISM セリカ 2.0GT-R

次にコナミ1/64と並べてみた
フジミ コナミ セリカ 2.0GT-R
フジミ コナミ セリカ 2.0GT-R

3台で並べてみると、これくらいの大きさ。
フジミ DISM コナミ セリカ 2.0GT-R
フジミ DISM コナミ セリカ 2.0GT-R
流面形セリカ好きとしては、うっとりしちゃうわね~
スポンサーサイト
[ 2016/11/08 09:00 ] プラモデル | TB(0) | CM(2)
 仮に、現在の状況で1/48スケールで売り出したら、結構話題になったかもしれませんね、
このフジミのシリーズは。
 何と言っても、タミヤが現在、1/48スケールで「ミリタリーミニチュアシリーズ」を展開中ですから、「くろがね四起」なんかと同スケールで並べられますし。
 もっとも、私自身はこのフジミの1/48スケールのシリーズがリアルタイムで発売されていた頃は、バンダイの1/48デコトラシリーズと並べて部屋に飾っていたものでした(笑)
(バンダイさん、1/48デコトラシリーズで「雲竜丸」(「トラック野郎」シリーズ第二作目で登場した、バキュームカーのデコトラをモデル化したものですが、実車はいすずエルフだったりするんですよね)を再販して・・・って無理か)
 そうそう、管理人様は石原さとみ嬢がご贔屓ですもんね。
 私は個人的には、モータージャーナリストの竹岡圭お姉サマが・・・(以下自主規制)

 では、また。
[ 2016/11/18 00:35 ] Ayrton Shina [ 編集 ]
こんばんは、Ayrton Shinaさん

フジミの1/48カーモデル、おっしゃる通り、時代が早すぎた感がありますね。
出来、内容ともに今でも充分通用しますし、再販&新製品発表!なんてことになりませんかねえ…
現役当時はあまり興味が湧かず、買わなかったのが悔やまれます。特に7thスカイライン4ドアとか…

1/48スケールだと、自動車モデルに加え、飛行機モデルとも並べることができるんですよね。
あれやこれやと並べてジオラマを…といつも想像はやたらと思いつくんですが、腕も置き場所もなく(笑)
なにか1/48に注目が集まれば、フジミやバンダイからも再販があるのかもしれませんねえ。

モータージャーナリストなら吉田由美嬢ですね~って、顔くらいしか知らないんですが(笑)
[ 2016/11/19 01:47 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する