3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

栄光よ、再び 

トミカ ブルーバードアテーサ
トミカ 日産ブルーバード SSSアテーサ 1/60

1987年にデビューした8代目ブルーバード(U12型)

ファミリーカーという枠にとどまらず、本格スポーツセダンという顔も持っていたブルーバード。
時代に合わせ、様々な新技術を取り入れてきたが、U12はアテーサと呼ばれる4WDを採用。
1800DOHCターボのSSSアテーサリミテッドは、ギャランVR-4と並ぶハイパワーセダンの1台。


トミカは記念すべき1番の510型からこのU12型まで、歴代ブルをすべてモデル化している。
Y31セドリックの記事にも書いたが、この当時のトミカは魅力が感じられず、集めていなかった。
しかし、このU12ブルーバードも好きな車種だったので、Y31と一緒に買ったのを覚えている。
ダイヤペットからもU12がモデル化されたが、こちらは出来の凄さで有名な存在。
超絶な造形(特にフロントフェンダー)に買う気が失せてしまい、とうとう買わずじまいだった…


トミカ ブルーバードアテーサ フロント
フロントの再現度は悪くないが、グリルのモールドがもの足りない気がする。
トミカ ブルーバードアテーサ リア
テールランプの彫刻はしっかり再現されているが、オレンジのボディカラーに埋没気味。
トミカ ブルーバードアテーサ サイド
4ドアHTらしさを強調するデフォルメのためか、どことなく寸詰まりしているサイドビュー。
トミカ ブルーバードアテーサ 箱
前期型は、明るい赤と黒の2台がCMなどで使われていた。

トミカのU12ブルーバードはノーマルのほかに、タクシーもレギュラーにラインナップされていた。
現実にはあり得ない4ドアHTのタクシーだが、バリエーションとしては嬉しいものがある。
ノーマルは93年、タクシーは97年までカタログに載っていたので、入手はさほど難しくないはず。

スケールは違うが、TLVNからセダンがリリースされているので、並べてみるのも良さそう。
80年代後半の日産の勢いを感じさる車としておススメしたい1台。
スポンサーサイト
[ 2012/05/25 01:10 ] トミカ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/94-2118b9e3

トミカ 日産ブルーバード SSSアテーサ 1/601987年にデビューした8代目ブルーバード(U12型)ファミリーカーという枠にとどまらず、本格スポーツセダンという顔も持っていたブルーバー...
[2012/05/25 03:06] まとめwoネタ速neo