3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

おフランスが見た未来 

CR-Zコンセプト2009


京商サンクスのCR-Z→トミカとの比較ときて、さらに続くCR-Zネタ。
前記事で3吋のCR-Zは少なめと書いたけど、その少ない3吋をもうひとつ持ってきたわよ!
メジャーなトミカ、コレクティブ系1/64の京商サンクス、残すもう1社は

マジョレット CR-Z
マジョレット CR-Z 1/55

そう、マジョなの!スーパーでも売っているし、目にしたことある人も少なくないはず。
マジョでは少ない日本車だけど、話題性もあったし、映えるスタイルがモデル化の理由かしら?
ま、3吋としては大きめだから、個人的にはコレクションの範疇ギリギリなんだけど…


マジョレット CR-Z
マジョレット CR-Z
しっかりと特徴を捉えている造形だが、マジョらしく幅が広く、またライトが薄く見える。
しかし、京商やトミカと違い、ナンバープレートもモールドで再現されているのがイイ!

マジョレット CR-Z
トミカ同様、テールゲート内の構造が見えてしまっているのよねえ…と思っていたら
マジョレット CR-Z
開閉のギミックがあるじゃないの!テールゲートはプラ製で、見えるのはゲート受けの部分。
マジョレット CR-Z
実車に近いプロフィールを見せるリア。リアもナンバープレートのモールドがある。
バックランプのラインが違うのはご愛嬌か。

マジョレット CR-Z
フォルムやプレスラインなども含め、シャープで複雑なスタイルも違和感なく再現されている。
スポンサーサイト
[ 2017/02/22 09:00 ] マジョレット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する