3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

時代のスーパースター 

トミカ ブルーバードターボSSS
トミカ ブルーバードターボSSS-X・G 1/64

1979年にデビューした6代目ブルーバード(910型)

70年代、日産には2000ccに4気筒エンジンが長らく存在せず、6気筒のL20型が使われていた。
ブルーバードも4代目からフロントを延長して搭載されたが、不似合いな感は否めなかった。
その流れを断ち切るように登場したのが6代目ブルーバード(910型)。
6気筒をやめ、直線的でクリーン、均整のとれたプロポーションに大変身し、一躍人気に。
翌年にターボ、82年には4ドアHTが追加され、27か月連続で小型車販売台数1位に輝いた。


この910型は空前のヒット作だったため、様々なスケールでモデル化されている。
しかし、意外とセダンは少なく、1/24でLSと田宮、そして1/64でトミカくらいしかない。
直線的なスタイルは特徴をつかみやすかったのか、トミカの910は素晴らしい出来栄え。



トミカ ブルーバードターボSSS フロント
ヘッドライトをメッキのホットスタンプで再現している。グリルのメッシュも細かい。
惜しむらくはバンパーがシャーシ一体のため、実車のブラックと視覚的に一致しない点。
トミカ ブルーバードターボSSS リア
リア周りの再現度もなかなかのもの。ただ、ウインカーにこういう横線はなかったと思う。
トミカ ブルーバードターボSSS サイド
直線的でバランスのとれたオーソドックスなセダン。水平基調は日本人好みだろう。
初期はイメージカラーの赤/黒のツートンでリリースされていた。


トミカの910ブルーバードは84年5月に絶版になって以来、長らく再生産がなかった。
しかし、「トミカ誕生記念コレクション2003」で赤/黒が復刻されたため、さほど入手は難しくない。
また、ミニカーショップイイノの特注トミカとしてパトカーバージョンも存在している。
こちらは特注ということもあり、オクなどでも1K以上が相場のようだ。


今では地味~なブルーバードだが、かつてはスポーツセダンとして若者にも人気の時代があった。
この910ブルーバードは、スポーツ心あふれるカッコよさをストレートに表した逸品だと思う。
スポンサーサイト
[ 2012/05/27 00:00 ] トミカ | TB(1) | CM(4)
この黄色、当時見た覚えがほとんどありませんねえ。赤やグレーシルバーをなら見た記憶がありますが。さて、トミカのブルーバードは80年代まで、コンスタントにモデル化していますが、そんなに人気があったのでしょうかね??。ライバルのコロナ(実際にコロナの方が、町中で見かけた気が)は、70年代半ばから、いっさいモデル化されいていないというのに....。トミカのこういう特定のメーカーや、車種を優遇する所が、子供の頃から大っ嫌いでした。といっても、セダンは好きなのでちゃっかり買いましたが(笑)。これが、コロナセダンだったら(シツコイ!)何台買っていたんでしょうか...と、ありもしない事を考えたりしています。
[ 2012/05/27 00:37 ] luxe37 [ 編集 ]
> この黄色、当時見た覚えがほとんどありませんねえ。赤やグレーシルバーをなら見た記憶がありますが。

たしかに黄色い910は記憶にないですねえ。むしろ、後継車のU11の方に黄色のイメージがあります。
当時は白、赤、銀/グレー、紺あたりのカラーを多く見かけたような。
なぜか紺は非SSS系の廉価グレードが浮かんできちゃうんですが(笑)

> さて、トミカのブルーバードは80年代まで、コンスタントにモデル化していますが、そんなに人気があったのでしょうかね??。ライバルのコロナ(実際にコロナの方が、町中で見かけた気が)は、70年代半ばから、いっさいモデル化されいていないというのに....。トミカのこういう特定のメーカーや、車種を優遇する所が、子供の頃から大っ嫌いでした。

個人的な推測ですが、トミカの第1号がブルーバードだったからではないかと。
それと、ブルーバードの方がコロナよりちょっと若いイメージがあったからかもしれませんね。
トミカのラインナップ、よく見るとクラス別でトヨタと日産をわけてるんですよね。
大衆車はカローラ、小型車はブル、大型車はクラウン、RVもトヨタ、スポーツは日産が目立ちます。
でも、コロナが欲しかった自分としては、いつも残念な思いをしていましたねえ…

> といっても、セダンは好きなのでちゃっかり買いましたが(笑)。これが、コロナセダンだったら(シツコイ!)何台買っていたんでしょうか...と、ありもしない事を考えたりしています。

LUXEさんの動画にもこっそりと910ブルが登場してましたね。次回はさらなる活躍を期待したり。
トミカの910ブル、ジャンクも含めて3台ほど押さえています。現役時代には赤/黒も持っていました。
やっぱり普通のセダンがモデル化されるというのは嬉しかったし、ストレートなカッコよさもありましたし。
そうそう、以前に書いた試作の80系コロナセダンですが、検索していたら見つけました。
ページ下の原寸木型、青いセダンがそれです。もし販売されていたら、どれだけ買ってたことか(笑)

http://www.trao.com/tomica/tomica2000/shot2000.htm

[ 2012/05/28 02:15 ] ドラゴン [ 編集 ]
私の動画に810を出したのは、ヤフオクの落札品でIDから出品者さんに「大爆走の方?」ってバレまして、やり取りしている間に動画に出しますと言ってしまったからです(笑)。塗り替えようと思ったんですが、TURBOの文字が気に入りまして、今だにそのままです。

リンクの、幻の80系コロナセダンの画像見ました。う〜ん!ほじい....。しかも微妙な青がまた良いですなあ。金型を3D計測して、HTのシャーシと合体させればすぐにでも出せる気がしますねえ。また無駄な妄想を(笑)
[ 2012/05/28 22:22 ] luxe37 [ 編集 ]
> 私の動画に810を出したのは、ヤフオクの落札品でIDから出品者さんに「大爆走の方?」ってバレまして、やり取りしている間に動画に出しますと言ってしまったからです(笑)。塗り替えようと思ったんですが、TURBOの文字が気に入りまして、今だにそのままです。

あのブルーバードがLUXEさんのブログに書かれていたエピソードのトミカでしたか(笑)
あのTURBOのタンポ印刷、実車より大きくて目立つんですよね。
最近のトミカみたいな細かい塗装もイイですけど、ああいうアピールする部分もいいですよねえ。


> リンクの、幻の80系コロナセダンの画像見ました。う〜ん!ほじい....。しかも微妙な青がまた良いですなあ。金型を3D計測して、HTのシャーシと合体させればすぐにでも出せる気がしますねえ。また無駄な妄想を(笑)

以前に紹介した“ミニカー大百科”にも木型が掲載されていたんですが、コロナっぽいとしか言えなくて。
で、2000年のトミカ博で展示されていた木型の実物を見て、はっきりコロナセダンだったとわかりました。
当時は色を塗って、完成時の出来栄えを確かめていたようですね。
せっかく木型が現存しているんだし、今からでもトミーが発売することを熱望しています(笑)
[ 2012/05/30 02:37 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://minimodel.blog.fc2.com/tb.php/96-26b2ab9d

トミカ ブルーバードターボSSS-X・G 1/641979年にデビューした6代目ブルーバード(910型)70年代、日産には2000cc4気筒エンジンが長らく存在せず、6気筒のL20型が使われた。ブルーバードも4
[2012/05/28 04:58] まとめwoネタ速neo