3吋ブログ

オルニチンとかセサミンとか飲んだ方がいいのかなあ…

ジャンクヤード2017 初夏 その2 

マジョレット チェロキー


前回、塗装を剥離したチェロキーを紹介したけど、なぜチェロキーを選んだのか?
それはトミカのEXAのリペ記事第1回目にも記した通り、特に思い入れがない車種だから。
思い入れがあるとあれこれと考えてしまい、先に進まなくなるのがオチ。

さて、これまで何台かの3吋をバラしたけど、マジョレットは初めて。
カシメを外し、マジョ独特のパーツ割りにうならされたというか、文化の違いを感じることに。


マジョレット チェロキー
マジョレット チェロキー
ライトはクリアー、グリル&バンパー&フェンダー&ロッカーパネルはグレーのプラ。

で、バラしてみるとこんな感じ。
マジョレット チェロキー

サイドドアは開閉しないかわりにテールゲートが開閉
マジョレット チェロキー
マジョレット チェロキー
テールゲートは外したかったけど、管理人のスキルでは付け直せない気がしたので断念。

ウインドウ前の突き出しの先端がヘッドライト
マジョレット チェロキー
マジョレット チェロキー
クリアーパーツは割れやすいし、プラの無駄遣いというか、合理的というか…

内装パーツはグリルに前後バンパー、フェンダー&ロッカーパネルまで一体成型
マジョレット チェロキー
バンパーetc.の外装パーツに実車と同じような質感を与えたかったのかしらん?
マジョレット チェロキー
でもバンパー&フェンダーは薄く、凹んでいたり、欠けていたりで、修正した方がいいかも?

ウインドウと内装パーツを組み合わせると
マジョレット チェロキー

底板はこんな感じで、これまたなんとなく凝った造りに思えなくもない
マジョレット チェロキー

で、ボディの画像を見てもわかると思うけど
マジョレット チェロキー
マジョレット チェロキー
テールゲートが歪み、きれいに閉まらなかったので、ペンチで修正した(画像は修正前)

そしてもうひとつ、前記事でノーマルVer.がよかったと書いた理由が
マジョレット チェロキー
パトライトを取り付けるためのルーフの穴
マジョレット チェロキー
この後、プラ板で裏打ちし、何度かパテ埋め→切削したけど、なかなか上手くいかない…
なぜかというと、リブに沿うようにルーフも少々波打ってるのよね。

そんな具合で、現在はルーフのパテ埋めに四苦八苦中。
スポンサーサイト
[ 2017/05/31 09:00 ] レストア | TB(0) | CM(2)
こんばんは。
騙し騙し7年使っていたノートブックが昇天されて、ちと凹んでるluxeです。
急にマジョレットですか〜。それもなぜかチェロキーという。
「特に思い入れがない車種」だから剥がしたそうですが、私とは逆ですねえ。
とはいえ、食べ物他の場合は好きなものは後からのタイプですけど(笑)。

このチェロキーを分解するとちょっと驚きますよね〜(なぜか私も持っております)。
カタツムリよろしく、窓ガラスからニョキーっと伸びた目(ヘッドライト)、
そしてコの字型のサス兼車軸止め(これ合理的ですよね〜)。分解清掃したり、サスが
へたって交換(簡単にピアノ線で自作できる)、タイヤを交換する時などは便利ですよね。
ドラさんが仰る通り、国によって組み付けが違うのが面白く感じられます。

それと屋根の穴ですが、穴の後ろの部分にお湯丸(熱で変形する型取りプラ粘土)を押し付け
複製して、固まったらそのまま前にスライドし、裏からパテを流し込め(or押し込め)ば
上手くいくはずです。(以前、トミカの元道公団の330バンで黄色燈抜いた時に
ルーフの穴埋めをやって上手くいきましたよ)。
梅雨になる前に完成した姿が見られると良いのですが〜(って、もう6月!)
[ 2017/06/01 22:59 ] luxe37 [ 編集 ]
こんばんは、LUXEさん

7年目のノートPCが焦点ですか~。ご愁傷様としか…
ま、うちのノートPCも7年目で最近はやたらと固まるので、寿命間近かもしれませんねえ…
せっかく買った動画編集ソフトが使えなかったり、相対的なスペックも下がってますし。
さらにデジカメのレンズも壊れてしまって、もうイヤ!って気分です(笑)

LUXEさんもマジョレットのチェロキーをお持ちで、同じように分解していたとは!
ウインドウとライトが同じ色の車種とかどうなってんの?って、パーツ構成に興味がわきますよね(笑)
プラモのランナーよろしく、わざわざフロントまで伸ばしているとは思いませんでした。
サスペンションも中央に幅広な金属板を貼り付けているトミカとはまるで違うし。
トミカも合理的だと思うんですが、マジョは設計に大胆さも感じられますね。

3吋をリペする時に思い入れがあると、色決めだけで1~2年かかってしまいまして(笑)
そして雑誌やらカタログやらを集めてから、ようやく重い腰を上げる始末で。
その点、特に思い入れがないと、こだわりなくサクサクと進められるだろうと。
もっとも、その論理で始めたトミカのEXAは約2年かかってしまいましたが(笑)

ルーフのパテ埋め&リブ再現のアイデア、目からウロコです!
パテ埋め後にプラ棒か真鍮線を接着し、またパテ盛りしないと…と少々凹んでたんですよ(笑)
実はチェロキーより完成が近い3吋がありまして、上手くいけば今月中にお披露目予定です。
とはいえ、こんな性格なので期待しないで待っててください(笑)
[ 2017/06/02 02:05 ] ドラゴン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する